MRI検査

X腺検査は?MRI検査は?妊娠初期の健康診断について

妊娠中に自治体や会社の健康診断は受けてもいいのでしょうか?特にX線やMRIは、赤ちゃんに何か影響がないかと心配になってしまうと思います。また、妊娠初期であることに気付かずに健康診断を受けてしまった場合はどうなのでしょうか?

妊娠初期に健康診断を受けても大丈夫?

妊娠初期であっても、レントゲン検査以外は通常通り受けても大丈夫です。のちほど詳しくお話しますが、レントゲン検査も、理論上は特に大きな問題はないと考えられています。健康診断の結果を産科の先生に見せることもできるので、あまりナーバスになりすぎずにいるのが1番です。

妊娠初期にX線検査を受けても大丈夫?

先ほども少し触れましたが、理論上は特に大きな問題はありません。胸部のレントゲンに加え、他にもバリウムを飲む上部消化管造影や、胸部や腹部のCT検査などといった放射線被爆を伴う検査をすべて受ければ、胎児への影響が心配されます。しかし、胸部だけなど一部のX線検査を受けるのであれば、放射線量の関係からほとんど心配はありません。ただ、検査を受けるほど体調に不安がある場合以外は、避けるのが無難と言えるでしょう。

では、妊娠初期にMRI検査を受けても大丈夫?

MRIはCTのように放射線を使いません。そして、MRI検査についても、磁気が胎児に何か影響をおよぼすという報告は今のところはないとされています。ただ、一般的には妊娠初期(妊娠3ヶ月くらいまで)は避けた方がよいとされています。また、MRI検査をより詳しく行なう造影剤については、妊婦に対する安全性が確立されていないため、原則投与しないことになっています。しかしこれも妊娠中期以降であれば、問題はないとされています。

血液検査や心電図、聴力検査は赤ちゃんに影響はある?

血液検査や心電図、聴力検査は赤ちゃんには影響はありません。妊娠中は赤ちゃんのことが気になって心配になるものですが、これらの検査なら受けても大丈夫です。

妊娠初期に健康診断を受けても大丈夫であることがわかりましたね。とは言っても、あとで「あの時に健康診断を受けていなければ良かった・・・」とは思いたくないですよね。もしも不安であれば、レントゲン検査を含め他の検査についても医師に相談してみましょう。


2015/11/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事