メトロイリンテル

子宮が開かない?!そんな時に使用する道具と対処法とは

陣痛が始まっているのに、なかなか子宮口が開かないときにどんな対処をするのかご存じでしょうか。子宮口が開かない時には『メトロイリンテル』という医療機器を使ったり、子宮頚管熟化促進剤等を使ったりして子宮口を広げ、出産をしやすくします。子宮口を広げる器具やお薬について、これから解説してゆきます。

陣痛が始まっても子宮口が開かないとどうなるの?

お母さんの体が出産に向けて陣痛が始まっても、子宮口がかたいまま、なかなか開かない時があります。子宮口がかたいままだと赤ちゃんが出てくることができないため、医療機器やお薬を使って子宮口を広げる必要があります。
子宮口を広げるために使用される医療機器として『メトロイリンテル』や『ラミナリア』という機器があります。『メトロイリンテル』は風船のような袋状のゴム素材で『バルーン』と呼ばれていることもあります。『ラミナリア』は棒状の医療機器です。どちらも子宮に挿入して使用します。
医療機器の他に子宮頚管熟化促進剤というお薬を使って、子宮口を広げることもありますが、なかなか子宮口が開かない場合は医療機器と子宮頚管熟化促進剤を併用する場合もあります。

『メトロイリンテル』はどんな医療器材?

『メトロイリンテル』は子宮口が開き始めていて、軽い陣痛もある時に使います。子宮口がほとんど開いていない時には『ラミナリア』で少し広げてから『メトロイリンテル』を使う場合があります。使用に関しての制約などがあり、臍帯下垂がある場合には使用できません。また、入院中・入院後の使用が決められています。使用前に経腟超音波検査を行って、臍帯下垂がないことを確認します。

『メトロイリンテル』はゴム製で袋状になっています。子宮口に挿入し、減菌された水を注射器で注入します。『メトロイリンテル』が膨らむと内側から子宮口が押し

陣痛が始まっているのに、なかなか子宮口が開かないときにどんな対処をするのかご存じでしょうか。子宮口が開かない時には『メトロイリンテル』という医療機器を使ったり、子宮頚管熟化促進剤等を使ったりして子宮口を広げ、出産をしやすくします。子宮口を広げる器具やお薬について、これから解説してゆきます。

陣痛が始まっても子宮口が開かないとどうなるの?

お母さんの体が出産に向けて陣痛が始まっても、子宮口がかたいまま、なかなか開かない時があります。子宮口がかたいままだと赤ちゃんが出てくることができないため、医療機器やお薬を使って子宮口を広げる必要があります。
子宮口を広げるために使用される医療機器として『メトロイリンテル』や『ラミナリア』という機器があります。『メトロイリンテル』は風船のような袋状のゴム素材で『バルーン』と呼ばれていることもあります。『ラミナリア』は棒状の医療機器です。どちらも子宮に挿入して使用します。
医療機器の他に子宮頚管熟化促進剤というお薬を使って、子宮口を広げることもありますが、なかなか子宮口が開かない場合は医療機器と子宮頚管熟化促進剤を併用する場合もあります。

『メトロイリンテル』はどんな医療器材?

『メトロイリンテル』は子宮口が開き始めていて、軽い陣痛もある時に使います。子宮口がほとんど開いていない時には『ラミナリア』で少し広げてから『メトロイリンテル』を使う場合があります。使用に関しての制約などがあり、臍帯下垂がある場合には使用できません。また、入院中・入院後の使用が決められています。使用前に経腟超音波検査を行って、臍帯下垂がないことを確認します。

『メトロイリンテル』はゴム製で袋状になっています。子宮口に挿入し、減菌された水を注射器で注入します。『メトロイリンテル』が膨らむと内側から子宮口が押し広げられるため、陣痛が誘発されていきます。
『メトロイリンテル』にはサイズがいくつもあり、子宮口の開き具合で使い分けます。
分娩監視装置での連続的モニタリングを行ったり、間欠的胎児心拍数聴取も同時に行ったりします。

『メトロイリンテル』を取り出した後、内診(膣鏡診)や経腟超音波検査、連続的モニタリングや間欠的胎児心拍数聴取等を行い、臍帯下垂・脱出がないことを確認します。使用後、時間が経過してから臍帯下垂・脱出の症状が出ることがあるため、定期的に観察する必要があります。『メトロイリンテル』だけで十分な効果がない場合には陣痛促進剤や子宮頚管熟化促進剤も使用する場合があります。

『ラミナリア』ってどんな医療機器なの?

『ラミナリア(ラミナリア桿)』は子宮頚管の拡張などに使われる棒状の医療機器です。原材料が昆布の茎根のものが『ラミナリア』ですが、最近では『ラミナリア』に類似した素材を原材料としている医療機器もあります。

『ラミナリア』は子宮口がほとんど開いていない場合に使用されます。水分によって膨らむという性質があり、子宮口に差し込み徐々に子宮口を広げていきます。
ほとんど子宮口が開いていない所に差し込むので、人によっては痛みがあるようです。『ラミナリア』も物理的に子宮口を広げるため、陣痛を誘発する効果がありますが、十分な効果がない場合には『メトロイリンテル』同様に陣痛促進剤や子宮頚管熟化促進剤なども使用する場合があります。

子宮頸管熟化促進剤ってどんな薬?

『子宮頸管熟化促進剤』には『マイリス』というお薬があります。『マイリス』には膣錠と液状で注射するタイプのものがあります。かたくなっている子宮口を柔らかくする効果があります。

妊娠はお母さんにとっても赤ちゃんにとっても負担の大きいものです。子宮口が開かないと赤ちゃんが出てこられず、またお母さんの負担もかなり大きなものとなります。難産となることが多いので、なかなか子宮口が開かない場合にはこういった医療機器やお薬を使用して赤ちゃんを出してあげたほうが良いでしょう。


2015/11/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事