ビタミン

妊娠初期には特に気を付けたい、ビタミンAの摂取量

人間に必要不可欠な栄養素の1つビタミン。各種あるビタミンの中でも、ビタミンAとはどんな働きをしているのでしょうか?また、妊娠中に多く摂りすぎてもいけないと言われていますが、どういう弊害があるのでしょうか。妊娠中のビタミンA摂取の注意点について知っておきましょう。

大切なビタミンAの働き、不足すると?

身体の調子を整えるとされるビタミン。中でもビタミンAは、皮膚や粘膜を正常に保ち、目の機能にも関わっています。皮膚や粘膜が弱くなれば、乾燥しやすくなり、その結果感染症にかかりやすくなります。また、ビタミンAが不足すれば、夜盲症になってしまうことでも知られています。
ビタミンAは赤ちゃんが成長する上で各器官や臓器を形成するのに必要です。特に妊娠初期に不足すると、胎児が奇形となることがあります。

ビタミンには水溶性のものと脂溶性のものがあります。水に溶けるビタミンCなどは必要以上に摂取した分は体外に排出されるため定期的に摂取する必要がありますが、過剰摂取となることもありません。一方で、脂溶性のビタミンAは摂取した分が肝臓などに蓄積されていきます。妊娠初期につわりで食事がとれない、という場合でも、ビタミンAに関しては、蓄積されている分から胎児にも栄養が届けられるので、あまり心配はいりません。

多ければよいわけではない!過剰摂取に気をつけて

体内に蓄積されていくビタミンAは、むしろ過剰に摂取しないように気をつけなければなりません。妊娠3ヶ月までの期間にビタミンAを摂り過ぎた場合、胎児が口蓋裂、水頭症、耳の形態異常などの奇形となるリスクが高まります。

では、ビタミンAはどれくらい摂ればよいのでしょうか。成人女性では、1日の所要量が1800IUとされています。他の栄養素と違い、妊娠中もその所要量はあまり変わらず、2000IU。そして、1日の上限は5000IUです。

ビタミンAには、動物性のものと植物性のものがあり、緑黄色野菜や海藻に多く含まれる植物性のものはβ-カロテンの名でよく知られています。β-カロテンが体内で分解されることによって、ビタミンAに変わります。植物性のβ-カロテンは体内のビタミンAが既に十分であれば、それ以上変化しないため、積極的に摂っても大丈夫なのです。

気をつけなければならないのは、動物性のビタミンAです。特に多く含まれるのが豚や鶏のレバーで、100gあたりでも40000IUを超えます。うなぎやほたるいかに含まれるのは、約5000IU。鮎や鶏卵で、1600IUほどとなります。バターやチーズなどの乳製品にも気をつけましょう。

普段から健康に留意している人は、サプリメントでビタミンを補うことがあります。しかし、ビタミンAのように、蓄積していくタイプのビタミンをサプリメントで摂ろうとすると、考えているよりも多く摂取してしまう可能性があるのです。日本人の通常の食事では、あまりビタミンAが過剰になることはありませんが、簡単に摂れてしまうサプリメントには注意が必要です。

上記したように、植物性のビタミンAだとその性質から摂り過ぎを心配することがないので、緑黄色野菜や海藻類からのビタミン摂取を心がけるとよいでしょう。


2015/11/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事