喘息(ぜんそく)

喘息の心配がある息子…咳だけでもすぐに受診すべき?

子どもは体調が急変しやすく、症状が出たときに受診のタイミングを図るのは難しいもの。喘息の心配があり、咳が出たときの受診について知りたいというママに対して、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「喘息の心配がある子どもの咳で受診するタイミングは?」

3歳の息子について質問です。1歳のとき喘息性気管支炎で入院し、医師から「何回か気管支炎になったら喘息持ちになる可能性がある」といわれました。今のところ喘息は発症していませんが、いつかなるのではと心配です。熱があれば小児科を受診しますが、咳だけでも受診したほうがよいのでしょうか。それとも様子を見て、咳が続くようなら受診するべきでしょうか。その場合、何日くらい咳が続いたら受診をするべきでしょうか。(30代・女性)

気管支炎を繰り返すと、喘息の発作を起こす可能性が

気管支炎と喘息の発症原因は異なりますが、気管支炎を繰り返して気管支に慢性的な炎症が起こると、喘息発作も起こしやすくなります。

喘息性気管支炎は気管支炎の一種です。気管支炎は細菌やウィルスの感染によるもの、喘息はハウスダストや花粉などのアレルギーで発作を起こすことが大きな違いです。気管支炎を起こすと炎症によって気管支が細くなり、ゼーゼーという呼吸音が発生します。そして気管支炎を繰り返すと慢性的な気管支の炎症が起こり、喘息の発作を起こしやすくなるわけです。(産科看護師)

咳が出たときの受診の目安

咳が出て受診した方がよい場合は、呼吸困難が起こっていたり、感染の可能性の高い咳が出ているときです。判断を迷う場合は、小児救急電話相談で医師などに相談することができます。

咳が出たときに受診する目安としては、強い咳により呼吸が困難な場合や、咳で吐きそうになっている場合、また同じ咳でも痰がからんでいるような場合には、感染している可能性が高いので受診させた方がよいでしょう。痰の出ない乾いた咳がコホコホと出ている程度であれば、様子を見て大丈夫です。(健康管理科看護師)
咳が何日くらい続いたら受診、という基準はありません。親から見て普段と違う状態だと思ったら受診してください。判断に困るようなら#8000に電話すると、居住地域の小児救急電話相談事業につながり、小児科の医師や看護師が相談にのってくれます。(産科看護師)

気管支炎を予防するための注意

気管支炎を起こしたり繰り返さないようにするために、日頃から感染を避け、身の回りの衛生管理をしましょう。

予防策としては、一般的な風邪予防と同じです。気管支炎の原因となる細菌やウイルスからの感染をできるだけ避けるよう、手洗いやうがいを徹底し、部屋が乾燥しないように環境を整えてあげてください。咳が少し出ているようなときは、部屋の加湿に加え、マスクを着用してあげてください。(健康管理科看護師)

気管支炎を繰り返すと、気管支に慢性的な炎症が起こり喘息になる可能性があります。呼吸困難を伴ったり感染を疑う咳が出たときは受診を、判断に迷うときは医師などの判断を仰ぐことも一案です。日頃から気管支炎を起こさないための予防策をとるのもよいようです。


2015/11/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)