お腹の皮

産後に伸びきったお腹の皮…お金をかけずに元に戻せる?

妊娠中はお腹の赤ちゃんの成長に合わせて、お母さんのお腹もどんどん大きくなっていきます。大きく伸びたお腹の皮膚は、出産後、どのように元に戻していけばよいのでしょうか。

出産後の相談:「お腹の皮膚が伸びきってしまい、悩んでいます」

妊娠期間中に大きくなったお腹部分の皮がすっかり伸びきって、最悪な体型になってしまいました。ダイエットしたいわけではないのですが、この伸びきってしまったお腹の皮をそぎ落とす方法はないのでしょうか。運動やマッサージなど、育児の合間でお金をかけずに実践できる方法があるとありがたいです。(30代・女性)

出産後、たるんだ皮膚はどうなる?

出産後、ダイエット以上に気になるのは、出産でたるんだお腹の皮膚。このまま放っておくと、いったいどうなっていくのでしょうか。

妊娠中は身体の変化に合わせて、お腹の皮膚も少しずつ伸びていきます。出産後、その皮膚はたるんでしまいますが、皮膚はもともと体にフィットするようにできていますから、時間の経過とともに少しずつ身体に合わせた皮膚に戻っていきます。(皮膚科看護師)
妊娠中についた脂肪は軽い運動やエクササイズで比較的落ちますが、伸びた皮膚を戻すのはなかなか難しいと思います。(産科婦人科看護師)

お腹の皮膚を引き締めるお手入れ

時間の経過を待たず、積極的にお腹の皮膚を引き締めていくには、どんな方法があるのでしょう。専門家にお手入れ方法のヒントを聞いてみました。

気になる部分の皮膚の保湿を心がけ、マッサージをして、肌の新陳代謝をよくし、肌細胞の活性化を促してください。(産科婦人科看護師)
気になるからと強くマッサージするのではなく、お顔と同じように、クリームやローションを使って優しくマッサージしてください。有酸素運動も併用して行うと効果的でしょう。 (産科婦人科看護師)
少しでも早く皮膚を身体にフィットさせたい場合、有効なのはマッサージです。皮膚の新陳代謝を活発にするために、もしも妊娠中に使用していたクリームやオイルがあれば、それをやさしく塗り込みながらマッサージするとよいでしょう。もし、そのようなものがなければ普通のボディクリームでかまいません。(皮膚科看護師)
温めた方が皮膚の新陳代謝が活発になるので、シャワーよりもお風呂にゆっくりつかって温めるとより効果的です。(皮膚科看護師)
肌を活性化させるといわれているビタミンB6を多めにとるようにしてください。ビタミンB6は、レバーや魚介類に含まれています。時間がかかると思いますが、気長に続けてください。(産科婦人科看護師)

お風呂で温めたり、お手入れとして保湿とマッサージをプラスすること。また、育児で大変ですが、買い物やお散歩など、ウォーキングなどの有酸素運動をとり入れるのも効果的なようですね。


2015/11/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)