浣腸(かんちょう)

出産時の浣腸の意味!剃毛や会陰切開はどうして行うの?

いざ出産という時、病院では赤ちゃんが無事産まれてくる手助けとして、浣腸や会陰切開などの医療処置を行うことがあります。これらの処置はできればしたくないという方が多いと思いますが、赤ちゃんとママを守る為に必要なことなのです。一体どういった目的で行われるのか、それぞれ解き明かしていきたいと思います。

浣腸

出産児の赤ちゃんの通り道(産道)は腸と隣り合っています。腸の中に便が多く存在すると産道が圧迫され、赤ちゃんが通りにくくなって分娩の進行が遅れる可能性があります。浣腸によってあらかじめ腸を空にしておくことで産道を広く取れるようになり、赤ちゃんが通りやすくなります。また、浣腸の刺激で子宮の収縮を促し、お産の進行を早める目的もあります。しかし最近では、お産に浣腸は必ずしも効果的ではないという研究結果があり、浣腸をしない病院も増えてきました。便秘がちな妊婦さんには効果があるかも知れませんが、便通に問題のない妊婦さんには必要がないという考えもあります。
また、事前に浣腸をして排便を済ませても、体内の便が完全に排出されるとは限りません。浣腸をする、しないに関わらず、いきんだ際に分娩台の上で再び便が出てしまうことはよくあることで、スタッフが適切に処理してくれるので心配は要りません。

会陰切開

会陰とは、膣と肛門の間の部分を指します。お産が進み、外からも常時赤ちゃんの頭が確認できるようになると会陰は引き延ばされ、薄く広がった状態になります。これを放置すると会陰が裂けてしまう可能性があるため、これ以上会陰が広がらないと判断された時、会陰が自然に裂けてしまう前に専用の医療用ハサミで切り込みを入れるのが会陰切開です。
会陰が自然に裂けると複雑な裂傷になり、治癒が遅れます。人工的に会陰切開すると傷が直線になるので、比較的早く傷がふさがる効果があります。
自然に裂けてしまった場合、ひどい時には肛門まで裂傷が及び、肛門や直腸まで一緒に裂けてしまう可能性があります。こうなると肛門や腸を縫い合わせるために手術を行わなければならず、また後々まで傷や後遺症が残ることもあります。会陰切開にはそうしたひどい後遺症を防ぐ役割もあります。
また切開することによって赤ちゃんがスムーズに出てきやすくなり、母子ともに負担を軽減することができます。

剃毛

剃毛は会陰切開や、その後の縫合をしやすいように行われます。帝王切開の場合は、切開する予定の場所に陰毛が生えていればそこだけ剃ります。また出産の際に陰毛についた細菌が赤ちゃんに感染しないように、という意味もあります。しかし最近では陰毛と赤ちゃんの細菌感染とは関係がないことが分かってきたので、剃毛は基本的にしない、必要がある時しか行わないとする病院が増えています。

導尿

尿道から膀胱にやわらかい管(カテーテル)を入れて、そこから尿を排出する処置のことです。痛みはほとんど、または全く感じません。尿が膀胱にたまっていると赤ちゃんが出てくる妨げになり、また陣痛が弱まる原因にもなります。そのため出産時は、尿意を感じる時は積極的にトイレに行って排尿することを勧められます。その後お産が進んで分娩台に上がる際や、その他の理由により自力で排尿できなくなった時は導尿して尿を排出することになります。この導尿も、以前は全ての妊婦さんに行っていましたが、最近では必要に応じて行うというように変化しています。

分娩監視装置

分娩監視装置は胎児モニターとも呼ばれ、お腹の赤ちゃんの心拍数や胎動、陣痛の間隔や子宮の収縮の程度など、妊娠の状態を客観的に数値化できる装置です。赤ちゃんの状態やお腹の張り具合が連続して用紙に記録されてゆくので、赤ちゃんや母体に異常がある場合に発見が早く、適切な対応を取ることができます。
多くはお産が始まって入院してから赤ちゃんが取り上げられるまでの間、母親のお腹に端子がついたベルトを固定して使用します。以前は端子と本体がコードで繋がれていたので動きが制限されましたが、最近ではコードレスのものが開発され、妊婦さんが自由に動けるようになりました。

浣腸や会陰切開など、聞くと痛そうで不安になる医療処置も、赤ちゃんやママの身体のために必要な処置なのですね。
どうしても避けたい処置があれば、事前に担当の医師に相談してみましょう。できるだけ避ける方向で出産を進めてくれると思います。しかしいざ出産となり、順調にお産が進まなかった場合は医師の判断に任せた方が安心です。そんな時のために、担当の医師とは産前の診察時にコミュニケーションを取り、小さな事でも相談できるような信頼関係を結んでおきたいですね。


2015/11/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事