バースプラン

剃毛はする?会陰切開は?立ち合いは?今から考えておきたいバースプラン

どのようなお産を望んでいるのかを計画的に考え、準備を進めていく「バースプラン」を立ててみましょう!出産時のこと、入院部屋のこと、赤ちゃんが生まれたらすぐにしてあげたいことなどを様々な観点から考えてまとめてみましょう。

何のためにバースプランをたてるのでしょう

出産を迎えるにあたり、こんなふうにしたいな、こんなことは避けたいな、などと思うことがあるでしょう。先輩ママさんの話を聞いて、あるいは前回のお産の経験を踏まえて、自分らしく満足のいくお産になるよう計画書を書いてみることで、出産がさらに身近に感じられ、イメージも湧きやすくなるでしょう。さらにはお産が自分だけのことではなく、夫婦間、家族間においても意味のある素晴らしい出来事として一緒に受け止めていくことができるようになるでしょう。また、医師や看護婦さんとも共有しあうことで、より自分の理想に近い出産を実現することができます。

バースプランにはどのような内容を考えれば良いのでしょう

バースプランを立てる、と漠然と言われても何から考えていけばよいか迷ってしまいますね。最近では産院側からバースプランの用紙を渡されアドバイスを受けることもできるようです。まずは出産に至るまで、分娩室に入ってから、赤ちゃんが生まれたら、病室に戻ったら、産後の希望など、プロセスをたどって考えてみましょう。また記入するときは「こうしたい」という希望だけでなく「不安だ」「楽しみだ」などの気持ちも書いてみましょう。以下にいくつかの例をあげてみます。

【分娩方法について】
・ 自然分娩で、できるだけ痛くない方法を希望したい
・ 痛いのが苦手なので、無痛分娩にしたい
・ 夫に付き添ってもらいたいので、計画分娩にしたい
・ 陣痛促進剤は使いたくない
・ 水中分娩にしたい
・ アロマセラピーで気分を落ち着けたい

【分娩時の処置について】
・ 会陰切開はできるだけしたくない。必要なときは痛くないようにしてほしい
・ 浣腸するのは恥ずかしい
・ 剃毛はできるだけしたくない
・ 近視なので、赤ちゃんが生まれたら顔がよく見えるよう眼鏡を渡してほしい
・ へその緒は夫が切ってほしい
・ カンガルーケアをしたい
・ 分娩室で記念に一枚写真をとりたい

【入院中について】
・ 母子同室でも、夜は赤ちゃんを預かってほしい
・ 授乳の仕方を丁寧に教えてほしい
・ シャワー付きの個室に入りたい
・ 沐浴指導を夫と一緒に受けたい
・ なるべく母乳育児にしたい

【退院後について】
・ 赤ちゃんが泣き止まなかったらどうしよう
・ 母乳がちゃんと出るかどうか不安だ
・ 初めての育児でわからないことがあったらどこに聞けばよいのか

上記にご紹介した事項はほんの一例です。「こんなことを書いてよいのかな」「こんなことを書いたら恥ずかしいかな」などと遠慮せず、率直に希望することや思うことを綴ってみましょう。

もちろん、100%バースプラン通りにいくとは限りませんし、思っていなかった方向へ進まざる終えないこともあるかもしれません。しかしバースプランで夫や産院側と気持を共有していれば、できるだけ希望通りの理想に近い形で出産を体験することができるでしょう。また、あえてバースプランを書かずに出産にのぞむというのも一つの選択肢です。必ずバースプランを書かなければいけないものではありませんから、柔軟にとらえて自身の気持ちを産院側や家族に伝えておくと良いでしょう。


2015/11/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事