流産

2015/11/20

流産の際に行なわれる「子宮内容除去術」とは?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

流産の際に行なわれる「子宮内容除去術」とは?

妊娠初期に起こる流産はまれなものではなく、全妊娠の10~20%にみられると考えられています。妊娠初期の流産のほとんど受精卵の異常で起こるものです。遺伝子や染色体に異常があり、うまく細胞分裂ができなかったために起こるのです。そんな流産の際に行なわれる「子宮内容除去術」についてお話します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加