助産師

信頼できるパートナー!助産師の役割について

妊娠中や出産の際に関するすべてを包んで受け止めてくれる助産師の存在。妊婦にとって心強い味方です。今回は、そんな助産師にスポットをあててお話していきたいと思います。助産師って?看護婦との違いは?助産師にお願いするメリットは?そんな疑問にお答えしていきます。

助産師とは?

かつては産婆とよばれていた助産師は、現在は主に病院や診療所、助産院で働いています。妊娠や出産、産後の女性や赤ちゃんに対して健康に関する教育や相談を行なう専門家です。まさに妊婦の強い味方であると言えるでしょう。

助産師と看護師の違いとは?

看護師と助産師は業務に大きな違いがあります。助産師は正常分娩に限り、助産行為(お産を助け、赤ちゃんをとりあげる行為)を医師の指示なしに行なえるのに対して、看護師は医師の指示があったとしても助産行為は認められていないのです。また、助産師は妊娠指導から妊娠管理や保健指導を行なうことができます。

加えて、資格取得のプロセスにも違いがあり、助産師は看護師の免許取得者または看護師の資格を同時に取得することを前提に1年以上の教育と実習を行なった後、助産師国家資格試験に合格しなければいけません。つまり、看護師の資格を得たあと、さらに妊娠・出産に対しての専門的な知識を身に着けたのが助産師なのです。

「病院での出産の方が安全」に根拠なし

病院や診療所などで出産する方が安全であると考えられがちですが、その考え方は合っているのでしょうか?病院出産が増えるにつれて妊産婦死亡や乳児死亡が減っているということを示しているといわれるグラフがあるのですが、実はこの2つは直接的な科学的根拠があるわけではありません。

世界的に見ても、経済や栄養、衛生状況が良くなった影響が大きく、産科技術の向上はそれほど影響していないといわれています。つまり、自宅の近くの助産院などで出産をし、何かが起こった場合の搬送システムを整えるのと、妊婦全員が大病院で出産をするのでは、どちらの死亡率が低くなるか世界的にもまだ科学的に示されていないのです。

助産師さんのココがいい!

病院では、迅速にたくさんの命を救うために、たくさんの医師や看護師などが対応します。そのため、個人的なつながりが持ちやすいとは言えません。一方、助産院であれば、人間的なつながりが重視され信頼関係で結ばれるため、妊娠や出産の不安も打ち明けやすくなります。

また、助産師は「1日3時間歩きなさい」や「食事は玄米など昔ながらのものを食べなさい」など生活に関するアドバイスもしてくれます。こうしたアドバイスを受けることで、赤ちゃんを産む頃には生活の見直しができ、お産もうまくすすむ場合があります。。

助産師さんは妊娠や出産に関わるあらゆることに対して、親身にサポートしてくれます。出産をより良いものにするためにも、温かみのあるサポートを受けることができる助産院で出産することも選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。


2015/11/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事