アレルゲン

妊娠中の食事に気をつけるべき?食材に含まれるアレルゲンの子どもへの影響

これからママになる人にとって、心配事の1つに生まれてくる赤ちゃんの食物アレルギーがあります。妊娠中の食事に含まれるアレルゲンを気にして、アレルゲンを含む食べ物を摂らないようにしているプレママは要注意。その知識、間違っているかもしれませんよ!

妊娠中の食事と赤ちゃんのアレルギー体質の関係

妊娠中にアレルゲンを含む食べ物を除去した物を食べるように心がけるようにしても、それで赤ちゃんがアレルギーにならないとは限りません。確かにアレルゲンとなる食べ物を過剰に食べると赤ちゃんがアレルギーになる可能性はあります。だからといって必要以上にアレルゲンを含む食べ物を避ける必要はありません。

赤ちゃんのアレルギー体質は親から遺伝する

アレルギーの発症は、妊娠中にアレルゲンを含む食べ物を食べることで赤ちゃんに影響するものではありません。しかし妊娠後期になると、お腹の中の赤ちゃんにアレルギー抗体が作られ始めます。この時期に両親のどちらかの家系がアレルギーの素因を持っていた場合、そのアレルゲンを摂取することで赤ちゃんのアレルギー体質を目覚めさせる可能性があるため注意が必要です。

アレルゲンの除去食とアレルギー予防

ただし、アレルギー体質を持つ母親がアレルゲンの原因となる食べ物を完全に除去すれば、赤ちゃんのアレルギーを予防できるかというと、喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を予防することは出来ないことが証明されました。

日本でのアレルゲン除去食とアレルギーの因果関係の考え方

日本においてのアレルゲン除去食の考えは、例えば小麦アレルギーの素因は持っているが発症はしていない母親が、妊娠中に小麦粉を使った料理を食べなかったとします。しかしその他の加工食品などに小麦粉が含まれていたり、小麦粉を製造ラインで扱う工場で作られた食品を食べたりする可能性もあります。このように、アレルゲン除去食を実際に行おうとすると母親自身のストレスとなるため、こういった除去食は推奨していないのです。

基本的に、日本においては除去食でのアレルギー予防を考えるより、バランスを考えた食事を毎食摂ることを推奨しています。

生まれてくる赤ちゃんにアレルギーがないかは、お母さんにとって気になることですよね。しかし過剰に不安になるより、おおらかな気持ちでバランスの良い食事を心がけるほうがお母さんにとっても赤ちゃんにとっても一番なのです。


2015/11/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事