産後頭痛

2015/11/15

産後3カ月から頭痛が…産後頭痛の原因と解消法とは?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後3カ月から頭痛が…産後頭痛の原因と解消法とは?

妊娠出産と頭痛。あまり結びつかないのですが、妊娠中や出産後に頭痛に悩まされるようになるお母さんは少なくないようです。その原因は何なのでしょう。また、解消法はあるのでしょうか。

ママからの相談:「産後に今までなかった頭痛に悩まされています」

頭痛とはあまり縁のない生活をしていたのですが、産後3カ月頃から頭痛がひどくなりました。妊娠中も一時期、頭痛に悩まされていましたが、今も頭の前方がズキズキ痛みます。妊娠中に病院でいただいた薬を飲んでいますが改善されません。頭痛は一時的な出産の影響なのでしょうか。 (20代・女性)

妊娠出産と頭痛の関係

子育てしながらの頭痛はつらいもの。妊娠や出産を機に起こる頭痛には、妊娠出産で骨盤がゆがむことによって起こるものと、生活リズムの変化やストレスによって起こるものがあるようです。

産後は疲れ、ストレス、睡眠不足などで血流が悪くなり、頭痛を起こしやすくなることがあります。また、妊娠出産による骨盤のゆがみも、産後頭痛の原因の一つです。(産科・婦人科看護師)
骨盤が歪んでいると、腰椎を通して頸椎や胸椎にまで歪みが影響します。そのために、めまいを伴う偏頭痛が起きたり、起き上がれないほどの頭痛に悩まされるママたちもいます。(産科・婦人科看護師)
産後に頭痛で悩むお母さんは多くいらっしゃいます。産後頭痛の原因としては、子育てによる睡眠不足やストレスです。心と身体へのストレスから、脳血管が拡張して頭痛を引き起こします。 (健康管理科看護師)

頭痛を緩和するには?

原因がわかっていたとしても、頭痛を我慢するのはつらいもの。少しでも緩和するには、いったいどのような方法があるのでしょうか。

子育てで不規則な生活だと思いますが、休めるときは昼間でも横になって休んでください。また、夜は静かな環境で、短時間でもぐっすり眠りましょう。(産科・婦人科看護師)
首周りを温めると血流がよくなりますし、リラックスできます。できれば、お風呂にゆっくりつかって血流をよくし、肩のこりをほぐしてください。(産科・婦人科看護師)
授乳中は水分不足になりがちです。水分不足も血流を悪くするので、適度な水分補給を心がけてください。 (産科・婦人科看護師)
産後の頭痛対策としては、骨盤ベルトを使用したり、骨盤矯正体操やストレッチで骨盤の歪みを矯正することです。(産科・婦人科看護師)
頭痛緩和の鍵は、休息とストレス解消です。とはいっても、赤ちゃんのお世話があるので、ご家族の協力なしにはできません。一日だけでも赤ちゃんのお世話を、どなたかにお願いしてみてはいかがでしょう。ぐっすり眠るだけでよくなる方もいらっしゃいますよ。(健康管理科看護師)
子育てがひと段落すると頭痛も緩和するお母さんが多いので、一時的なものと思ってよいと思います。どうしてもつらいときは、頭痛外来などでご相談されてもよいかと思います。(健康管理科看護師)

産後頭痛は一時的なものの可能性もありますが、改善するにはストレスを解消するのが一番。どうしてもおさまらないつらい頭痛は、我慢せずにお医者様に相談することも検討してみるのがよさそうです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加