胎動

2015/11/16

感じ方に差がある…胎動はママの気持ちや行動に関係する?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

感じ方に差がある…胎動はママの気持ちや行動に関係する?

胎動が感じられると、まだ見ぬ赤ちゃんが元気に育っているのを実感できてうれしいものです。胎動が激しいときと、まったく感じないときがあるがそういうものなのか、ママの行動や気持ちと関係があるのか、という質問に対し、看護師さんたちの答えとは。

プレママからの質問:「胎動を感じるときと、感じないときがあるのはなぜ?」

現在、妊娠27週です。20週頃から胎動を感じるようになり、おなかの中ですくすく成長していく我が子を愛おしく思います。胎動が激しいときと、まったく感じないときがありますが、そういうものなのでしょうか。食後やお風呂のとき、寝る前はよく動く気がします。反対に、忙しく家事をしているときや、気持ちが沈んでいるときなどもあまり動かないように思います。おなかの子の胎動と、私の行動や気持ちは何か関係があるのでしょうか。(20代・女性)

リラックスしているときは胎動に気づきやすい

実際には、赤ちゃんはよく動いているようです。ママがゆっくりと過ごし、赤ちゃんのことを考えているようなときに胎動があると、胎動に気づきやすく、大きく感じられます。逆に、ほかのことに意識が集中しているときは、胎動に気づかないことがあり、動いていないと感じるのかもしれません。

一般的には、お母さんがリラックスしているときに胎動を感じることが多いようですが、お母さんの気持ちが沈んでいるとき、赤ちゃんも心配して大人しくしているのかもしれません。お腹の中の赤ちゃんは、ほとんど寝て過ごしていますが、背伸びしたり、蹴ったり、回ったりと体はよく動かしています。忙しく動いているときや、赤ちゃんの体位によっては、胎動を感じにくいことがあります。(産科看護師)
夜間やお風呂の際に胎動が大きく感じるというのは、自分の意識にも左右されます。特にお風呂や寝る前はゆっくりしているので、胎動・赤ちゃんへの意識も多く向けられるでしょう。そんなときに胎動があると、お腹に意識が集中している分、胎動に気づきやすかったり、胎動を大きく感じます。逆に忙しいときだとお腹や赤ちゃんよりも作業に意識を集中させているので、胎動があってもそれに気づかなかったり、軽く感じることもありますね。(看護師)

安静にしても1時間以上、胎動がなければ病院に連絡を

胎動が弱い、感じられないということで心配な場合は、横になって安静にし、様子を見ましょう。1時間以上、胎動が感じられない場合は病院へ連絡するようにアドバイスされています。そうでない場合は、心配ないようです。

お母さんがリラックスしているとき、1時間で10回ほどの胎動があれば心配ありません。また、胎動が弱いと感じるときは、横になって休んで様子を見てください。安静にしても1時間以上、胎動を感じなければ、病院に連絡してください。お母さんの喜怒哀楽は、お腹の赤ちゃんにも伝わりますから、よく話しかけながら、穏やかに過ごしていただけたらと思います。(産科看護師)

ママの気持ちが赤ちゃんに伝わるのは本当ですが、胎動を感じるかどうかは、主にママの意識がどこに向いているかに左右されるようです。そのため、リラックスしているときは感じやすく、忙しいときには感じにくいのです。胎動がない、少ない、弱いと感じて心配な場合は、まず安静にして1時間ほど様子を見てみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加