好き嫌い

2015/11/19

お粥嫌いになった1歳の子ども…どうしたら食べてくれる?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

お粥嫌いになった1歳の子ども…どうしたら食べてくれる?

吐いてしまったなど、過去に嫌な記憶がある場合は、その食品がどうしても食べられなくなってしまうことがあります。お粥をどうしても食べない子どもに、お米を食べさせたいと思っているママに対し、看護師さんたちはどんなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの質問:「お粥を嫌いになった1歳の子にお米を食べさせる方法」

1歳1カ月の双子の男児ですが、10カ月の頃、ウイルス性胃腸炎で入院したときに病院食で白いお粥を食べて吐いて以来、お粥を食べなくなりました。食べさせるとべーっと吐き出し、もう1度与えようとすると口を開けません。パンやホットケーキ、うどん、パスタなどは好きでパクパク食べます。どうしたらお粥(お米)を食べてくれるようになるでしょうか。また、1歳を過ぎているのにお粥をペースト状にしてあげてもよいのでしょうか。(30代・女性)

子どもの食べられる状態で出せばOK

ペースト状であれ、普通のご飯であれ、子どもの食べられる状態にして食べさせることに問題はありません。おにぎりやチャーハンなら、見た目も食感もお粥とはまったく別物ですから、食べられる可能性は高そうです。

お子さんにも好き嫌いはありますし、病院での経験からお米に対してトラウマができてしまったのかもしれませんね。お粥をペースト状にしてあげても問題ありませんので、お米はお子さんが食べられる状態で出すのが良いでしょう。(健康管理科看護師)
パンやホットケーキが食べられるのでしたら、普通に炊いたご飯をあげてはいかがでしょうか?もしかしたら、お粥のドロッとした感じが嫌なのかもしれません。白ご飯に限らず、おにぎりにして手に握らせたり、チャーハンや炊き込みご飯、ドリアなどチャレンジしてはいかがでしょうか?(産科看護師)

お米にこだわる必要はありません

炭水化物を何らかの形できちんととることができれば、お米を食べさせることにこだわる必要はありません。将来の給食が心配であれば、たまにお米も試させておくとよいでしょう。

日本などアジア圏内ではお米が主食ですが、欧米ではパンが主食ですし、トウモロコシが主食の国もあります。今は、お子さんが食べられるもので様子を見ていいと思います。(産科看護師)
必ずしも毎回のお食事は、お米でなければいけないわけではありません。お米は炭水化物ですが、お子さんが食べられるパンやホットケーキ、うどん、パスタ、イモ類なども同じ炭水化物の仲間です。要は炭水化物を他の形でも摂取できれば、発育などに問題はありません。ただ、小学校に入学し給食が始まったときに苦労するかもしれませんので、たまにはお粥をペースト状にしてあげて徐々に食べられるのを待つのがよいでしょう。(健康管理科看護師)

お粥が食べられないのは、トラウマが原因かもしれません。ペースト状にして与えることに問題はありませんが、むしろ普通に炊いたご飯やチャーハンのような、子どもが食べられる形でお米を出すか、あるいは米にこだわらず、小麦やイモなど別のものから炭水化物を摂取するのもおすすめです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加