初節句

女の子の初節句はどう祝う?ひな人形を飾る時期としまう時期は?

3月3日といえば、ひな祭りですね。子どものころ、毎年、お雛様を飾る頃にワクワクした気分になったことを思い出される方も多いでしょう。桃の節句とも呼ばれているひな祭りですが、今回は初節句のお祝いの仕方、ひな人形を飾る時期などについてお話します。

初節句とは?

初節句は、子供が生まれて最初に迎える節句のことです。初節句は両親、祖父母と共にお祝いしますが、女の子は3月3日の桃の節句を祝い、健やかな成長と良縁を祈ります。男の子は5月5日の「端午の節句」を祝います。一般的には、生後1か月未満の新生児の場合、1年見送って、翌年にお祝いをします。

どうして「桃の節句」っていうの?どう祝うの?

「桃の節句」は、桃の開花時期で行う行事であるだけではなく、桃の木に邪気祓いの力があるため、お祝いにふさわしいとの考えから、この別名があるといわれています。

「桃の節句」には、ひな人形を飾って祝いますが、ひな人形は子どもの厄や災いを身代わりとして引き受ける役目があるといわれています。古くは、初節句には家族、祖父母をはじめ、親戚、名付け親など大勢を招き祝ったということですが、最近は家族と祖父母で祝う形式が一般的です。

ひな祭りには、ひな人形のほかに桃の木を飾り、雛あられや雛もちを供えます。ひな祭りのお料理として代表的なちらし寿司には、長寿を願うエビ、見通しの良さを意味する蓮根をはじめ、玉子や三つ葉、イクラなどで彩りを添えます。蛤のお吸い物も欠かせないメニューです。貝は対になって離れないため、夫婦の絆と女性の貞節への願いがあるといわれています。白酒や甘酒、または桃花酒などで乾杯します。

祖父母、両親の兄弟姉妹などの親戚は、お祝いを贈ります。初節句当日は、ひな人形を背景に記念写真を撮りましょう。記念写真を写真館で撮る家庭も増えています。赤ちゃんの衣装である被布を用意している写真館も多いです。プロによる写真は子どもが成長してからの大切な記念の一枚となるでしょう。地域によっては、神社にお参りし、祝詞をあげてもらい、神社へ玉串料(3,000〜5,000円ほど)を納めます。

ひな人形はいつ飾り、いつしまえばいいの?

ひな人形は節分の翌日の立春の日、または2月の中旬にかけての時期で大安、友引などの縁起がよい晴れた日に飾ります。ひな人形をしまう時期は、大安、啓蟄(3月6日頃)、天気が良い日ならいつでもいいなど考え方はさまざまです。地方によりますが、啓蟄の日に片付けられなかった場合、後ろ向きにお人形を置き、「お帰りになった」という意味を示す習慣があります。

お祝いを頂いたら、お返しは?

お祝いを頂いたら、頂いた金額の2分の1~3分の1程度の内祝いの品物を子どもの名前で贈ります。お礼状や写真を添えて、お菓子などを贈るのがよいでしょう。

古きよきしきたりの初節句。予めどのようにお祝いをするか、雛人形を誰が贈るのかなどを家族同士で話し合っておくとよいでしょう。赤ちゃんにとっての大切な初節句をみんなで仲良く楽しく、お祝いできるといいですね。


2019/03/01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事