発露(はつろ)

陣痛のときは?発露(はつろ)のときは?経過で見る呼吸法

呼吸法は、出産時の痛みを和らげて、スムーズなお産をサポートしてくれます。そこで、代表的なラマーズ法とソフロロジー法の2つの呼吸法についてお話したいと思います。出産に向けて呼吸法を良く知り、そして練習しておけば、お産が少し楽になるかもしれません。

代表的なふたつの呼吸法について

・ラマーズ法の呼吸法
ラマーズ法は「事前にお産のしくみをよく理解しておけば、不安や緊張がやわらぐ」という考えに基づいています。すべての呼吸法は「吸う」からスタートして「吐く」で終了します。できるだけ、静かに長く吐くように心がけましょう。

・ソフロロジーの呼吸法
 ソフロロジーは「もうすぐ赤ちゃんに会えることを思い描いて、陣痛を積極的に受け止めよう」という考え方に基づいています。ヨガの腹式呼吸の容量で、できるだけ長く息を吐きます。

呼吸法の必要性について

お産の状況に合わせて適切な呼吸法をしていけば、緊張がやわらぎ、リラックスすることができます。産道が柔らかくなって、強くいきまなくても赤ちゃんが自然に下りてこられるうえ、赤ちゃんに新鮮な酸素を送ってあげることもできます。

経過別に見るラマーズ法の呼吸法

・陣痛開始
ゆっくり鼻から吸って、口から吐く深い呼吸をします。そして、陣痛が規則的になったら、少し浅い呼吸に変えます。吸うのに1秒、吐くのに1秒、軽く口を開けて息を吐きます。

・子宮口が開く
息を吸ったら「ヒー」と吐き、短く吸って「ヒー」よりも少し長めに「フー」と吐きます。

・陣痛が強まる
ヒッ・ヒッ・フーという呼吸になります。ヒッ・ヒッと短く息を吐いたら、最後のフーは長めにします。大きな収縮の波がきた時は、息を長めにフー・フーと吐いていきみを逃します。

・いきみの指示
フー・ウンという呼吸をします。フーと深く息を吐き、鼻から息を抜くようにウンと吐く、または瞬間的に肛門のようにウンをいきむ、の2種類を使い分けます。

・赤ちゃんの頭が出てくる
いよいよ頭がでてきます。全身の力を抜ききるつもりで、フー・フーと深くゆっくり息を吐いていきましょう。

経過別に見るソフロロジーの呼吸法

・陣痛が始まる
陣痛の波がきたらフーッと長くゆっくり息を吐き続け、陣痛の波が去ったら力を抜いてリラックスしましょう。

・痛みが強くなってくる
子宮の収縮に合わせて息を吐きつつ少しいきみを加えていきます。息を止めず、全身をリラックスさせます。

・発露の状態
早くなりがちな呼吸のリズムをととのえ、ゆっくり息を吐くことだけに専念します。

どちらの呼吸法も出産には大変有効であるとされています。お産の段階によって呼吸法が違うなんて興味深いですね。正しい呼吸法をマスターして、スムーズなお産にしましょう。


2015/11/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事