バースプラン

妊婦必見!バースプランを書く際のポイント・注意点とは?

最近よく耳にする「バースプラン」。お産の計画書ではなく、自分がどのようなお産をしたいかということを産院に伝える希望書のようなものです。自分の希望を産院側にうまく伝えるためにも、書く際のポイントや注意点を知っておきましょう。

バースプランってそもそもどのようなもの?

バースプランとは、自分がどのようなお産をして、どのような産後を過ごしたいのかを産院側に伝える希望書のようなものです。バースプランを書き、産院側に伝えることによって、医師や助産師とコミュニケーションをとることができます。また、自分自身のお産に対する心構えもできます。

バースプランはどのように書いたらいいの?

バースプランに書くことは主に、出産時の希望、出産後の希望、退院するまでの過ごし方の希望などです。

出産時の希望として、陣痛中どうしたいか、立ち合いをどうするか、体位をどのようにするかなどを書くと良いです。出産後の希望は、カンガルーケアを行いたいか、すぐに初乳を飲ませたいかなどを書くことができます。また、退院するまでずっと母乳で育てたいなどの希望も書くことができます。

妊娠が発覚してからの自分自身の気持ちなどを踏まえて、感情を交えながらなるべく具体的に希望を書くのがおすすめです。

バースプランを書く際の例は?

バースプランがどのようなものかはわかったけど、いまいちどのような内容をどのように書いたらいいのかわからないという人のために、書く内容の例をあげていきます。これはあくまでも一例です。この例を踏まえたうえで、自分がどのようにしたいかという希望をよく考えて書いてみましょう。

1)陣痛中

・好きな音楽をかけたい
・アロマをたきたい
・できるだけ陣痛促進剤を使ってほしくない

2)出産時

・夫の立ち合い出産希望
・夫以外の立ち合いはしてほしくない
・剃毛はしてほしくない

3)出産後

・へその緒は夫に切ってもらいたい
・カンガルーケアをしたい
・初乳をすぐに飲ませたい
・出産後の家族写真を撮りたい

4)入院中

・できるだけ母乳のみで育てたい
・母子同室で過ごしたい
・夫も育児に参加しやすいように沐浴指導などを夫に行ってほしい
・夫も一緒に泊まりたい

バースプランを書く際の注意点は?

バースプランの例をあげましたが、実際に書く時は要求のみを書けば良いわけではありません。どうしてそうしたいと思ったのかなどの理由や、自分の気持ちも一緒に書くようにしましょう。バースプランは希望を伝えて、医師や産院スタッフとコミュニケーションを取るツールです。すべて要求通りになるわけではありませんが、バースプランを書いて産院スタッフに見てもらい、「どんなお産にしていこうか」という話し合いを行うことが大切です。
ぜひ、どんなお産にしたいかをイメージして書いてみてください。


2015/11/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事