稽留流産

2015/11/26

稽留流産(けいりゅうりゅうざん)の徴候と症状、原因について

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

稽留流産(けいりゅうりゅうざん)の徴候と症状、原因について

妊娠初期(22週未満)に赤ちゃんが亡くなってしまうことを流産と呼びます。中でも妊娠12週未満で流産される方が多く、全体の8割にものぼります。12週未満は胎盤が形成される大切な時期です。初期流産に多い「稽留流産」について知っておきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加