葉酸

葉酸だけじゃダメ!妊娠中に意識的に摂りたいビタミンB群とは 

葉酸は妊娠中に最も大切な栄養素のひとつで、積極的な摂取が推奨されています。葉酸をより吸収するには特定のビタミンB群と合わせるのが効果的です。妊娠中に意識的に摂りたいビタミンB群を解説します。

葉酸が赤ちゃんの発育に必要な理由

葉酸は、野菜、豆類、動物性たんぱく質に多く含まれる、ビタミンB群の水溶性ビタミンです。妊娠中の推奨摂取量は通常時の倍で、血液を作るのに必要不可欠なビタミンなのです。近年、妊娠前と妊娠初期の葉酸の摂取が推奨されるようになった背景として、赤ちゃんの脳や神経の発達に欠かせないばかりでなく、神経管の先天性異常の発生リスクを低下させることが明らかになったからです。また、貧血や妊娠中毒症の改善にも役立つとみられています。

一緒に摂取したいビタミンB群

十分な量の葉酸を効果的に摂取するには、他のビタミンB群と合わせて摂取するのが望ましいです。意識的に摂取したいビタミンB群を紹介します。

適量のビタミンB6は、たんぱく質の合成を助ける効果によって、丈夫な皮膚や粘液の維持に役立っています。さらに妊婦に嬉しいのは、アミノ酸の代謝不良を調整することによって、つわりを軽減する効果がある可能性があることです。

ビタミンB12は葉酸と相互作用することにより、赤血球中のヘモグロビンをより効率的に作ることができます。妊娠中に起こりやすい貧血予防に効果がある重要な栄養素です。どちらかが不足すると、効果の出ない組み合わせですので、意識的に摂取するようにしましょう。

ビタミンB群が不足した場合のリスク

ビタミンB群の摂取が不足すると、ママばかりでなく、赤ちゃんの発育にもリスクがある可能性があります。ママのリスクとしては、妊娠高血圧症と妊娠糖尿病を発症する確率が高くなる可能性があります。赤ちゃんのリスクとしては、神経管の先天性異常が起こる可能性が高くなります。

まとめ

葉酸は数ある妊婦に必要な栄養のなかでも、特に大切な栄養素のひとつです。妊娠中に積極的に摂取したい栄養として、近年知名度が高くなりました。推奨摂取量が比較的高い栄養素ですが、食品からばかりでなく様々なサプリメントもありますので、意識してさえいれば無理することなく摂取できる栄養素です。


2015/11/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事