BMI

やせすぎも太りすぎもダメ!BMIで見る妊婦の適切な体重増加量

妊娠中の適度な体重増加は、ママと赤ちゃんの発育に必要なことです。しかし近年は、妊娠中の体重増加と見た目を気にする風潮が強まっていることから、妊娠中にダイエットをするママもいます。やせすぎ・太り過ぎのリスクと、適切な体重増加について解説します。

BMIとは?BMIの計算方法とは?

BMIは「Body Mass Index」の略称で、個人の肥満度を計測する計算方法です。計算式は、「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」です。18.5未満が「低体重」、18.5以上~25.0未満が「普通」、25.0以上が「肥満」と分類されています。

やせすぎの妊婦のリスク

近年は痩せていればいるほど美しいという意識が強く、妊娠中のママも過度に体重増加を制限する傾向があります。過度の低体重は、ママの骨量の減少や貧血ばかりでなく、赤ちゃんの発育不全を引き起こす可能性もあります。切迫早産や低体重児の出産といったリスクも高くなります。現実として、低出生体重な赤ちゃんが増加しています。さらには近年、そういった赤ちゃんのほうが糖尿病や心臓病といった生活習慣病にかかりやすいということが発見されました。

太り過ぎの妊婦のリスク

やせすぎでもリスクはありますが、太り過ぎのママにもリスクがあります。妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、分娩時の異常など、ママの身体へのリスクが高いです。また、巨大児出産のリスクもあります。ママの健康のために、そして元気な赤ちゃんの出産のために、医師と相談しながら、適正な体重増加をコントロールする必要があります。

BMI別、適正体重増加量とは?

妊娠中の適正体重増加量は、ママのBMIによって異なります。18.5以下の「低体重」のママは、9~12kgの増加が望ましいとされています。18.5以上~25.0未満の「普通」のママは、7~12kgの増加が目安とされていますが、低体重寄りか肥満寄りかで適正値が変化します。25.0以上の「肥満」のママは、約5kgの増加が望ましいとされていますが、肥満の度合いにより変わりますので、医師と相談することが推奨されています。

まとめ

妊娠中の適度な体重増加は、出産や授乳に備えたママの増加分、そして赤ちゃんが成長した増加分であり、避けては通れないものです。ママの過度の低体重や肥満によるリスクは、適度な体重を維持することによって防げる可能性がありますので、注意を払う必要があります。


2015/11/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事