児頭骨盤不均衡

帝王切開になる可能性も!児頭骨盤不均衡とは?

難産の原因の1つである、児頭骨盤不均衡(じとうこつばんふきんこう)。赤ちゃんの頭が大きすぎたり、ママの骨盤が狭かったりすることで起こります。児頭骨盤不均衡と診断された場合は帝王切開になる可能性も。児頭骨盤不均衡の疑いがあるのはどのような場合なのか、また、自然分娩は可能なのでしょうか?

児頭骨盤不均衡(じとうこつばんふきんこう)とは?

赤ちゃんが生まれるためには、ママの骨盤を通ってくる必要があります。そのため、無事に出産できるようママの体では骨盤が緩み、赤ちゃんは頭蓋骨の継ぎ目を重ねるなどして対応します。ところが、ママの骨盤が小さすぎたり赤ちゃんの頭が大きかったりすると、赤ちゃんは骨盤をスムーズに通過することができません。これを児頭骨盤不均衡といいます。
赤ちゃんの頭が大きいからといってその全てが児頭骨盤不均衡になるわけではありません。児頭骨盤不均衡になるのは、ママの骨盤が狭くて赤ちゃんが通れない場合やママの骨盤が普通でも赤ちゃんの頭が大きすぎる場合、その両方が合わさっている場合などです。

児頭骨盤不均衡になりやすいのは?

児頭骨盤不均衡の可能性があるのは以下のような場合です。

・ママの身長が150cm以下。特に145cm以下や発育障害がある場合は骨盤自体が小さいことが多く、児頭骨盤不均衡になる可能性が。
・子宮がお腹から飛び出して見える場合。恥骨上部に赤ちゃんの頭が出っ張っているような場合。
・初産婦で37週目を過ぎても赤ちゃんの頭が下がってこない場合。
・赤ちゃんの頭の横幅が10cm以上ある場合。
・赤ちゃんが4000gを超える巨大児や水頭症の場合。

これ以外にも、陣痛が続くのに分娩が進まない場合など、出産が始まってから児頭骨盤不均衡が疑われるケースもあります。

児頭骨盤不均衡だと帝王切開になる?

児頭骨盤不均衡の診断には、触診や骨盤レントゲン撮影、超音波検査などが行われます。この検査で明らかに児頭骨盤不均衡と診断された場合は、帝王切開での分娩になります。
ただ、実際にはお産が始まらないと判断がつかない場合の方が多く、ほとんどのケースでまず自然分娩を試みます。赤ちゃんの頭の大きさがどれくらい変化するのか、骨盤に入っていく角度はどうかなど注意深く見守りながら、状況によっては途中で帝王切開に切り替える場合もあります。

もし児頭骨盤不均衡が疑われても、いつでも帝王切開に切り替えられるように準備をしているのであまり心配することはありません。また、赤ちゃんが上手に産道を通り抜けてくることもあります。あまり神経質にならずに、お産に臨みましょう。


2015/11/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事