転院

転院の方法とやっておきたい事前準備

里帰り出産や夫の転勤、引越しなどの様々な事情により、妊娠中に転院を余儀なくされる場合があります。また、産婦人科に通っていても分娩は扱っていないため、出産のため転院しなければならない場合もあります。転院の方法、心構え、準備することなどについて見ていきましょう。

転院先のチェック

まずは転院する病院を探すことです。少子化が進んでいる昨今、全国の産婦人科の数も減少傾向にあります。自分の周り、転居先には何件くらいの産婦人科があるのか、また、分娩は扱っているのかなどを知る必要があります。まだ引越しが決定していなくても、引っ越す可能性が少しでもある場合は、早いうちから転院先の情報を集めておきましょう。幸いにも、現在はインターネットで様々な情報を得ることができます。病院のホームページや、利用者の口コミなどを参考にしながら、自分の理想に沿った病院を選びましょう。

紹介状の準備

転院を決めた場合、必要となるものが紹介状です。一般に、紹介状と呼ばれるものには患者の症状、診断、治療など、これまでの診療の総括が記載してあります。紹介状がなければ医師は患者のこれまでの状態を把握することができません。そのため、今まで受けた検査を再び受けることになるなど、費用や時間がかかってしまいます。転院が決まった場合は、現在通院している病院の医師とよく相談し、これまでの検査結果、自分がどういう状態なのかなどを丁寧に記載してもらい、転院先の病院に持参しましょう。

助成金などの手続き

助成金には様々なものがあります。自分、または夫の勤務先で、どのような助成が受けられるのか、調べてみましょう。また、助成金は住む地域の自治体によって異なります。そのため、転居前は無料だったものが、転居先では一部負担しなければならない場合があります。

転居する地域の自治体が、妊娠・出産に対し、どのような助成を行っているのか、助成金はどれくらいなのか、まずは転居先の役所のホームページで情報を収集し、わからないことは直接電話で問い合わせましょう。各種手続きには時間がかかることがあります。必要な書類などは転居前にあらかじめ揃えておき、体調に考慮しながら役所での申請を行いましょう。

まずは現在の医師への相談を

今まで通っていた病院を変え、新しい病院を探すということは、妊娠中の不安定な時期には少なからず負担となります。転居を決めた場合、一人では悩まず、まずは現在の医師へ相談しましょう。周りのママ友や先輩ママに相談することも良いですね。転院できる時期は、その病院ごとで違います。

医師と相談し、転院のタイミングなどを話し合うようにしましょう。また、転院先がどうしても見つからない場合でも、医師同士の繋がりで紹介してもらえることもあるので、疑問に感じることは何でも聞いてみるようにしましょう。


2015/11/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事