無痛分娩

薬を使った無痛分娩の方法とメリット・デメリット

無痛分娩で出産をしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか?痛みが少ないと言われる無痛分娩。どのような方法で行なわれ、メリットやデメリットはそれぞれどのようになっているのでしょうか。無痛分娩を今はお考えでない方にも読んでいただきたいと思います。

薬を使った無痛分娩の2つの方法

無痛分娩には、「硬膜外鎮痛」と「点滴からの鎮痛」の2つの方法があります。硬膜外鎮痛は、硬膜外腔という背中の脊髄の近い場所に、局所麻酔薬という薬と、多くの場合それに医療用麻薬を加えたものを投与します。また、点滴からの鎮痛の場合、静脈の中に医療用麻薬を投与して、痛みを和らげることになります。硬膜外鎮痛の方が鎮痛効果は高く、またお母さんや赤ちゃんへの影響もほぼないとされています。ですから、多くの国では無痛分娩の際には、硬膜外鎮痛が選択されています。

無痛分娩のメリット

無痛分娩の最大のメリットは、痛みが少なく、お産をラクに乗り越えられるという点です。無痛分娩では陣痛の痛みが軽くなり、痛みがもととなって引き起こされる恐怖やストレスを取り除くことができます。また、お産の痛みに耐えている時は、お母さんから赤ちゃんに届く酸素が減るといわれていますが、痛みが軽くなれば、こうした心配もなくなります。そして、うまくリラックスできればお産がスムーズに進むのです。

加えて、お産での体力の消耗が少ないぶん、産後の回復が早いこともメリットと言えます。なお、妊娠高血圧症候群、心臓病、精神疾患などの合併症をお持ちの妊婦さんは、血圧下降作用を目的として、積極的に無痛分娩が選択されることがあります。

無痛分娩のデメリット

一方、無痛分娩にはデメリットもあります。まず、麻酔による副作用が起きてしまうことがあげられます。低血圧をはじめ、足の力がはいりにくくなる、尿が出しにくくなるなどの症状がありますが、これらは麻酔が効いている間だけにみられる症状であり麻酔が切れると元に戻ります。後遺症としてこのような症状が続く訳ではありません。また、まれに麻酔の処置によっては頭痛や耳鳴りが生じてしまうこともあります。

その他、麻酔がきいていることで母体のいきむ力が弱まると、赤ちゃんの回旋異常が起こりやすくなる可能性が示唆されています。そのため、吸引分娩や鉗子分娩なる可能性が高まるとも言われています。また、分娩所要時間も自然分娩に比べると長くなる傾向にあるようです。

アメリカ産婦人科学会の報告では硬膜外無痛分娩の場合、赤ちゃんが生まれるまでに平均14分の延長がみられるとされています。しかし赤ちゃんが元気で産道を降りてきている場合、1時間までの延長は問題ないと考えられており、出産そのものには影響がないと考えられます。

加えて、費用の問題があります。無痛分娩は保険適用外のため、通常の分娩費用とは別に、無痛分娩を行うための費用がかかることになります。費用には施設間で差があり、個人病院で3~5万円、総合病院で5~10万円、大学病院では1~16万円くらいが多いようです。そのため無痛分娩を希望する場合、出産を希望する施設の費用を事前に確認すると良いでしょう。

「おなかを痛めて生んだからこそ、我が子はかわいい」と考える風潮がまだ残っていますが、大事なのは生み方ではありません。このような風潮に縛られず、自分が1番良いと思う方法で出産することが大事ですよ。


2015/11/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事