臍帯巻絡

全分娩の2割に起こる「臍帯巻絡」とは

臍帯巻絡(さいたいけんらく)とは、へその緒が赤ちゃんに巻き付いている状態のことを言います。どうして赤ちゃんにへその緒が巻き付いてしまうのでしょうか?臍帯巻絡のリスクとは?そして治療法はあるのかどうかなど、臍帯巻絡についてご紹介したいと思います。比較的多くみられるものなので、しっかり理解しておきましょう。

臍帯巻絡とは

胎児にとって、胎盤を介して母体から酸素や栄養をもらうための大事な命綱である臍帯(さいたい:へその緒のこと)が胎児の体の一部に巻きついている状態のことをいいます。全分娩例の20~25%にみられるもので、他の臍帯異常に比べて圧倒的に頻度の高いトラブルとなっています。頸部に巻きついていることがほとんどですが、ときには四肢、体幹に巻き付くこともあります。また、巻きついている回数は1回巻きが多いですが、2回以上の場合もあります。そして、基本的に臍帯巻絡には自覚症状はありません。

臍帯巻絡のリスク

臍帯に異常が起これば、胎児は低酸素によって仮死状態となり、時には死亡することもあります。ただし、1回巻きでは問題なく経膣分娩となる場合が多く、帝王切開になることは少ないです。また、分娩時は医師や助産師がすぐに臍帯を外す処置を行うため、多くの場合は問題ありません。

臍帯巻絡の原因

活発な胎動や長い臍帯が誘因になるといわれているのですが、実ははっきりとはわかっていません。けれど、胎動の激しい胎児に臍帯巻絡が多い傾向から、このように推測されています。また、臍帯巻絡がある胎児の臍帯は、ない場合よりも一般的に長いのですが、引っ張られて伸びた結果であるという意見が多くなっています。

検査と診断

臍帯巻絡があるからすぐに悪いということではありませんが、血流障害を起こすほどきつく巻き付いていないか、どこに何回巻き付いているかなどで対応が変わるため、精密な超音波検査が行われます。また臍帯巻絡と診断された時の胎児の発育状況やノンストレステスト(NST)による胎児心拍のパターンなどから総合的に分娩の時期や方針が決定されます。

予防法、治療法はある?

実は、生前に超音波で臍帯巻絡であると診断されても、出生前に巻きついた臍帯を外す方法はありません。ただ、分娩が困難になることが予想されたり、分娩中におなかの赤ちゃんの心拍に異常が見られる場合には、緊急帝王切開になる可能性もあります。また、現状では予防法というものもありません。

臍帯異常であると診断されると不安になってしまうと思います。けれど、多くの妊婦さんが元気に赤ちゃんを産んでいますし、不安になってばかりいてはストレスが溜まり、赤ちゃんへ悪影響となってしまいます。何でも医師に相談し、ストレスを溜めないようにしましょう。


2015/11/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事