回旋異常

胎児の回旋の段階と起こりうる回旋異常

赤ちゃんが頑張って産道を通る時の動き、回旋。そんな赤ちゃんの正常な回旋の段階と回旋異常、そして回旋異常が起こる原因についてお話したいと思います。赤ちゃんがどうやって回旋するのか、お産の前にあらかじめ知っておきましょう。

そもそも回旋(かいせん)ってなに?

分娩の経過とともに、産道を通りやすいよう少しずつ体の向きを変えながら胎児が骨盤内に進入していくことをいいます。内診を行なうことによって、その状態がわかります。

通常の回旋の段階

正常な出産の際、胎児は4つの段階を経て身体の向きを変えながら娩出されます。

・第一回旋
頭位の胎児は骨盤入口部で屈位をとります。胸元にあごをつけたような状態です。この姿勢をとることで頭の径が最も小さくなり、産道を通過しやすくなります。

・第二回旋
胎児の頭は最初は横向きで産道に入ります。胎児は徐々に回転しながら産道を進みます。。出る時には縦向きになり、胎児の顔面がお母さんの背側を向いた状態になります。このときはまだ顎をしっかりと引いて胸につけた姿勢(屈位)です。

・第三回旋
胎児の頭が骨盤の出口まで下がり、赤ちゃんの頭が外から常に見える状態(発露:はつろ)になると、、後頭部はお母さんの恥骨の下で固定されます。赤ちゃんは後頭部を支点にゆっくりとのけぞるように頭を反らせ(反屈位)、額、顔面、顎の順に外に出て来ます。頭が出たからもう少しだよ!と医師や助産師から声がかかるのがこの頃です。

・第四回旋
胎児の頭は娩出されると、もとの横向きにもどります。その後肩が片方ずつ娩出されると、体幹部、足は容易に娩出されます。

起こりうる異常について

回旋異常は第一回旋と第二回旋において多く発生します。第三回旋まで進めばそこからはスムーズになることが多いです。主に第一回旋の異常ではあごをあげた状態になる反屈位になることが多いと言われています。第二回旋の異常では胎児が逆向きに回転して胎児の顔面が母体の腹側を向く前方前頭位(ぜんぽうぜんとうい)になる場合や、胎児の回転が起こらず横向きのまま産道を降りてくる低在横定位(ていざいおうていい)などが挙げられます。

回旋異常が起こる原因

回旋異常の原因として比較的よく見られるものとしては以下のようなものが考えられます。

・お母さん側の原因
子宮の異常(子宮筋腫や子宮の奇形)、骨盤の異常(狭骨盤)

・胎児側の原因
胎児の発達の問題(子宮内胎児発育遅延、早産、巨大児)、胎児の奇形(水頭症、無脳児)、回旋異常は前もって分かる場合もありますが、分娩する段階になって初めて判明する場合もあります。特に、分娩の進行がスムーズではないために検査を行ない回旋異常が見つかるというケースが多いです。骨盤に十分な広さがある場合や陣痛がしっかりとある場合には、そのまま分娩を進行することもありますが、自然分娩が難しそうな場合には帝王切開に切り替えられます。

回旋異常は健康なお母さん、赤ちゃんにも起こりうることです。万が一の場合に備えて回旋異常について知っておきましょう。


2015/11/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事