外陰血腫

分娩時に起きるトラブル!外陰血腫・腟血腫の症状と原因

外陰血腫・膣血腫という言葉を聞いたことはありますか?股間を強打することで起こる症状なのですが、実は分娩でも起こるのです。外陰血腫とは何なのか、どうして分娩で起こるのかなど、外陰血腫と膣血腫について詳しく解説したいと思います。

分娩時に起こりうる外陰血腫・腟血腫について

血腫(けっしゅ)とは、血液が袋状に貯まって腫れた状態をいいます。分娩の後、皮下の血管が破れて出血し、血腫ができてしまうことがあり、外陰部に内出血ができた場合は「外陰血腫」(がいいんけっしゅ)、腟に内出血ができた場合は「腟血腫」(ちつけっしゅ)と呼ばれています。

外陰血腫・腟血腫の原因とは?

分娩の時に膣の壁や外陰部が非常に強く伸ばされ、皮下組織のなかの大きな血管が引き延ばされて耐えきれずに断裂し、血腫が起こります。基本的には正常でスムーズな自然分娩が終わった後に発生することが多いです。大きな会陰裂傷や膣壁裂傷を縫った後に発生することもありますが、出血している部分を確認しながら縫合していくため、これはまれです。

血腫が膣の奥の方に出来た場合、目に見えない部分なのでお産の後の診察でも気がつきにくく、発見が遅くなる場合があります。

どんな症状?

非常に痛みが強いことが第一の特徴です。血腫の部分は腫れて弾力性があり、放置すると徐々に大きくなります。血腫が急激に出来た場合、稀ですが痛みを感じる前にショック状態に陥ることもあります。血腫が増大してくると、外陰部痛、肛門痛、排便や排尿感などがあります。血腫が大きくなると内出血量も増えるため、迅速な診断が必要となります。

治療法は?

小さいものであれば自然に吸収されるものもあり、鎮痛剤の処方で経過を見る場合もありますが、多くの場合は切開して血腫を除去しなければなりません。。麻酔(静脈麻酔または局所麻酔)を行い、血腫部分を切開して中にたまった血液を排出し、出血している部分を止血し縫合します。内出血している部分に細い誘導管(ドレーン:処置後の内出血を体の外へ出すためのチューブ)を入れて、たまった血液を出しきり、それと同時に患部を圧迫して止血する処置が行なわれる場合もあります。

また、膣の奥深くやおなかの中にまで血腫が増大した場合は、開腹で止血を行ないます。場合によっては腹部にある太い血管を縛ったり、血管内に詰め物をして止血したりすることもあります。このように血腫が大きい場合はショック状態になることもあるため、輸血などを含めた総合的な治療が必要とされます。

どんなことに気をつけたらいいの?

外陰血腫・膣血腫についておわかりいただけたでしょうか。このように、出産が無事に終わった後に起こるトラブルもあるのです。早期発見のために、以下のような徴候に気をつけましょう。

お産の後に
・膣の周りが異常に痛い:会陰切開の痛みかしら・・と我慢する方がまれにいますが、会陰切開の傷は通常チクチクする程度の痛みであり、鎮痛剤を必要とするようなことはほぼありません。痛み止めが欲しい!と思うほどの痛みが膣周辺にある場合、血腫を疑いましょう。
・肛門が押される感覚がある:大きくなった血腫が直腸を圧迫することにより起こる症状です。
・肛門部にひびく、刺すような痛みがある:膣ではなく肛門部が痛いと感じる場合もあります。

お産後、30分から数時間以内に上記のような症状がある場合は我慢せず、すぐに周りのスタッフや医師に相談しましょう。 外陰血腫や膣血腫はよくあることではありませんが、無事に出産を終えて一安心した頃に起こる事があるトラブルであり、発見が遅くなると手術が必要になる場合もあるため早期発見が何よりも大切です。

万が一に備えてこのようなケースがあることを知っておきましょう。


2015/11/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事