胎動

2015/11/23

日によって胎動の強さが違うが問題ないか…いつ弱くなる?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

日によって胎動の強さが違うが問題ないか…いつ弱くなる?

胎動を感じると、お腹の赤ちゃんの存在を実感できてとても嬉しいものですが、日によって胎動に強弱があり、赤ちゃんの具合が悪いのではないかと心配するママに対して、医師や看護師さんはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

プレママからの相談:「胎動の強弱が日によって違うのが心配」

32週を超えて赤ちゃんも大きくなってきました。胎動が激しいときは、痛く感じたり、お腹の形が見てわかるほどに変形することもありますが、じっとしていないと動きがわからない日もあります。動く場所がお腹の左右で異なることもあります。赤ちゃんの具合が悪いのではないかと不安になりますが、日によって胎動の感じ方が違うことに問題はないでしょうか。また、出産が近づき胎動が弱くなるのは、いつ頃でしょうか。(20代・女性)

お腹の赤ちゃんが寝たり起きたりするので、胎動に強弱が

この時期の赤ちゃんは、寝たり起きたりしています。胎動には強弱があり、活発に活動しているときは激しい胎動がありますが、小さな動きで気付かないこともあります。

8カ月頃の赤ちゃんは20~30分間隔で寝たり起きたりを繰り返し、手足をよく動かしたり、しゃっくりのような動きをしたり、目や口を動かしたり、羊水を飲んだりしてママのお腹の中で活動しています。手足を動かすときは胎動を感じても、それ以外の動きのときはあまり気付かないことも多いです。(内科医師)
お腹の赤ちゃんは寝ているときも体を動かしていますので、胎動に強弱があったり、赤ちゃんの体位で場所が変わったりします。時には思い切り手足を伸ばしたり、お尻が触れることもありますので、お腹の形が変わるほどの胎動もあります。(産科看護師)

弱くても胎動が感じられれば心配ない

ママの体調や活動によっても胎動の感じ方は異なりますが、安静にした状態で弱くても胎動が感じられれば大丈夫です。1時間以上、胎動を感じなければ病院へ。予定日が近づき胎動が弱まったら、もうすぐ陣痛が始まるかもしれません。

胎動の感じやすさは、ママの羊水の量や脂肪のつき方、体形などにより違うといわれています。たとえば、お風呂や食事のときは動きやすく、横を向いて横になると感じやすいことがあります。お腹の張りなどがなければ、胎動が少ない日があっても特に心配はありません。(内科医師)
ママが動いているとき、赤ちゃんはじっとしていることが多いので、寝ているときや座っているときなど、ママがリラックスしているときに胎動をよく感じると思います。静かになり心配なときは、横になってリラックスし、お腹を触って話しかけてください。弱くても胎動を感じれば心配ありませんが、安静にしていても1時間以上、胎動を感じないときは、病院に連絡してください。(産科看護師)
出産が近づいて胎動が弱くなるのは、赤ちゃんが骨盤の中におさまり産まれる準備ができたときです。予定日が近づいて赤ちゃんが静かになったら、近い間に陣痛が始まるかもしれません。(産科看護師)

この時期のお腹の赤ちゃんは寝たり起きたりを繰り返していますので、胎動に強弱があるもの。ママの体調や活動により感じ方は異なりますが、弱くても胎動が感じられれば心配はないようです。予定日が近くなり胎動が弱くなってきたら、陣痛が始まる合図のようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加