対処法

毎日、船酔いのようなつわりがひどい…和らげる方法は?

待望の赤ちゃんを授かって幸せな気持ちになったのもつかの間、つらいつわりが始まるママも。妊婦さんからの質問に、医師と看護師さんのアドバイスとは?

プレママからの相談:「ひどいつわりを和らげる方法はありますか?」

初めての妊娠です。不妊治療の末の妊娠だったので妊娠したときはとても嬉しかったのですが、妊娠12週くらいから急につわりが始まり、毎日、船酔い状態のように気持ち悪く、トイレとベッドを行ったり来たりしています。朝も夜もずっと気持ち悪くて眠れないし、嬉しい妊娠のはずなのにつらいだけの毎日です。何を試してもつわりは治まらず、頭が痛くても薬も飲めなくて、もがき苦しんでいます。つわりを和らげる方法はないでしょうか?(30代・女性)

妊娠による自律神経のバランスの崩れや、ストレスが原因

水分を摂れなかったり、急激に体重が減ったりしてしまうようでしたら、早めに病院を受診しましょう。

つわりの時期は、とにかく無理をしないことです。つわりの原因は、妊娠で黄体ホルモンが多量に分泌されるためや、身体の変化で自律神経のバランスが崩れて一種の自律神経失調症になるためや、身体が未熟な胎盤を異物と勘違いしてアレルギー反応を起こすため、また、ストレスによるものといわれています。(産婦人科看護師)
急激な体重減少がなければ心配ありませんし、安定期に入ると、つわりは治まります。お母さんが食べられなくても、蓄えられた栄養で赤ちゃんは育ちますが、栄養は不足しがちになりますから、少しずつでも食べるようにしてください。(産婦人科看護師)
水分を摂らないと脱水になってしまい、自分の身体にも赤ちゃんにもよくありません。もし水分も摂れず体重が減ったり、尿量が減るようであれば病院に早めに行くようにしてください。入院して点滴をすることで、水分を補う治療をすることもあります。(内科医師)

無理はせず、食事は少量ずつ5,6回に分けて

安定期に入れば治まるそうですが、あまりにつらいときは医師に相談も。つわりに効く漢方や、妊婦さんでも内服できる頭痛薬もあるそうです。

特に空腹時、満腹時に吐き気を感じる人が多いため、食事は5,6回に分けて摂るようにしましょう。また、においにも敏感になりますので、外出時はマスクをしましょう。つわりの時期は偏った食事でも構いませんので、自分の好きなものを食べるようにしてください。(内科医師)
吐き気があるときに凍らせたレモン水を口に含むと、口の中がさっぱりします。食事にもレモンや生姜を使うと食べやすいかと思います。(産婦人科看護師)
炊き立てのご飯のにおいで吐き気が増強する妊婦さんが多いので、ご飯やおかずは少し冷ましてから召し上げるようにしてください。果物や小さいおにぎり、野菜ジュースやゼリーなど食べやすいものを常備するとよいと思います。(産婦人科看護師)
ストレスもつわりを強くしますから、気分のいいときは散歩したりして気分転換してください。つらいときは無理せず、昼間でも横になって休み、頭痛のときはアイスノンなどで頭を冷やしてみてください。(産婦人科看護師)
頭痛に対しては妊婦さんでも内服できる薬がありますし、つわりの症状に効く漢方もありますので、医師に相談するようにしてください。(内科医師)

つわりの時期は無理をせず、食事は少量ずつ5,6回に分けてとりましょう。水分も摂れず、体重が急激に減るようなら早めに受診しましょう。


2015/11/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)