食事の硬さ

離乳食を丸飲みしている様子…おかゆに戻したほうがよい?

離乳食も完了期までくると、ほぼ何でも食べられるようになり食事のバリエーションも広がります。しかし食事の様子を見てみると、きちんと噛まずに飲み込んでいるようで心配だという相談が寄せられています。医師や看護師さんたちのアドバイスとは。

ママからの相談:「離乳食完了期、しっかり噛んで食べさせるにはどうすれば?」

1歳3カ月になる息子は現在、離乳食の完了期ですが、どうやらあまり噛んでいないようで、大きめに切った人参や大根などは数回噛んでいますが、ご飯はほぼ丸飲みで、すぐにもっとちょうだい!と口を開けて待っています。私がモグモグして見せると真似してモグモグしますが、一緒にモグモグしないと丸飲みなので進め方が早かったのかと悩んでいます。ご飯は少しやわらかめに炊いてはいますが、おかゆに戻した方がよいのでしょうか。 (20代・女性)

一緒にモグモクして、噛む習慣をつけて

食事の際によく噛むことは、顎の筋肉を使う他にもたくさんの利点があるようです。ママの真似をしてモグモグするのなら、もう少し一緒にモグモグしてあげて噛む習慣をつけるようにしていきましょう。

2歳頃まではあまり噛まずに飲み込んでしまうようですが、小さいうちから噛む習慣をつけることが大切です。よく噛むことは、顎の筋肉を使うことで脳が活性化されて緊張がほぐれ情緒が安定しますし、唾液の分泌がよくなるため消化を助け虫歯の予防にもなり、満腹中枢が刺激され食べ過ぎや肥満を防ぐなど多くの利点があります。(産科看護師)
すでにされているようですが、子どもはママの食べ方を見て真似たりするので、モグモグカミカミね!などと声をかけながら一緒にモグモグしてください。毎回は大変だと思いますが、噛むことを覚えるまではやってみるとよいです。(内科医師)
食事中はお子さんを焦らせず1口ずつモグモグして、飲み込んだのを確認してから次の1口をあげてください。ちゃんとモグモグしたら「すごいね、よくモグモグしたね」と褒めてあげましょう。(看護師)

具材の大きさや、ゆで加減を調整

ご飯はおかゆに戻す必要はありませんので、具材を少し大き目にカットしたり、ゆで加減も若干固めにして噛みごたえのあるメニューにしてみてはいかがでしょうか。

せっかく離乳食が進んできたのですからおかゆに戻す必要はないですが、やわらかいとすぐに飲み込んでしまうようですので、野菜などは少し固めにゆでて噛みごたえのある食事にしてみてください。(産科看護師)
ご飯はおかゆに戻すと、また噛まなくなってしまう可能性があります。他の子どもたちと一緒に食べたりすると、皆の食べ方を真似して噛むようになることもありますので、あまり心配しすぎず、大きさを調整しながら一緒にモグモグしてあげましょう。(内科医師)
ベビークッキーやバナナなど、色々な食材を試して噛む練習をしていくとよいでしょう。人参や大根などは1cm角に切ってみたり、カリフラワーなどもゆで方で固さが調整できて噛む練習になります。(内科医師)

よく噛むことは大切なことですが、あまり神経質になり過ぎず、できる範囲で工夫をしてみてください。ママの真似をして食べるのが好きなようですので、もうしばらくの間は一緒にモグモグに付き合ってあげて、徐々に噛む習慣がついてくればよいですね。


2015/11/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)