運動

妊娠中期で経過良好!ジムでトレーニングをしても大丈夫?

一般的に、妊婦さんが激しい運動をするのはNGとされています。しかし妊娠前からしっかりと運動する習慣があり、妊娠期間中もジムでトレーニングをしたいという相談が寄せられていますが、看護師さんたちは何といっているのでしょうか。

プレママからの相談:「妊婦は激しい運動はダメというけど、どの程度までならOK?」

初産で高齢出産なので不安がないわけではないですが、つわりもなく精神的にも安定しており、経過は順調です。妊娠前はスポーツジムでしっかり運動していましたが、妊娠初期はなるべく安静にということで運動は控えていました。中期に入りマタニティーヨガに通い始めましたが、正直、今までしてきた運動と比べると物足りなく身体がどんどんなまっていくようでつらいです。妊婦でも、ジムでトレーニングをしてよいでしょうか。(30代・女性)

妊娠中は妊娠周期に見合った運動を

経過は順調でも妊娠前の身体とは違うため、あまり激しい運動は負担となり、流産などを引き起こす原因にもなります。少し控えめにとは思っていても自然と力が入ってしまうこともありますので、ジムでのトレーニングは避けた方がよいのではないでしょうか。

運動量が足りないと思っても、妊娠前の身体とは違います。妊娠中に運動をしすぎると、以前よりも身体が疲労します。また、流産や早産のリスクが高まるため、妊娠周期に合った適度な運動を心がけ、お腹が張るときや出血があるときはすぐに休んで安静にしてださい。(産科看護師)
妊娠中でもジムでトレーニングをしている方はいるようですが、お腹に力が入ったりお腹が揺れ動くような運動は流産の恐れがあるため、避けなければいけません。もともとストイックな方のようなので妊娠前と同じような運動をしたくなり、気が付けばお腹に負担がかかっていたということにもなりかねませんので、ジム通いは避けた方が無難でしょう。(消化器科看護師)

一般的には家事プラス30分程度の散歩

一般的に妊娠中の運動は、普段の家事に加え30分程度の散歩などが推奨されます。現在のヨガで物足りなければ、マタニティースイミングなどを追加してもよいようです。

妊娠期間中を通して、基本的にジムなどでの激しい運動はできません。一般的に推奨されるのは普段の家事に加えて30分程度の散歩ですが、ヨガをされているのなら十分な運動量だと思います。物足りない場合はマタニティースイミングやマタニティービクス、1時間程度の散歩を追加してもよいですが、運動量を増やす際は事前に主治医に相談して無理のない範囲で行ってください。(産科看護師)
安定期に入り身体を動かしたいという気持ちはよくわかりますし、体力作りのためにも妊娠中の運動は必須ですが、マタニティーヨガやマタニティー向けのプールなど妊婦でも可能なものや、ウォーキングや軽いジョギングにとどめておいた方がよいでしょう。(消化器科看護師)

しっかりと運動する習慣があった方だと、思うように身体を動かせないのはつらいかもしれません。しかし、妊娠中は予測不可能な事態が起こることもありますし、母体と赤ちゃんの安全のためにも、できればマタニティー向けの運動を中心に行う方がよいでしょう。


2015/11/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)