喫煙・副流煙

夫が禁煙してくれない…煙はお腹の赤ちゃんに影響する?

妊娠中の喫煙は、胎児へ悪影響を及ぼす可能性があることは知られています。しかし、妊婦さん本人が非喫煙者でも同居する家族がタバコを吸う場合、お腹の赤ちゃんへの影響はどうなのか看護師さんたちに聞いてみました。

プレママからの相談:「周囲が吸うタバコの煙、胎児への影響は?」

私は元々臭いに敏感でしたが、妊娠後はさらに敏感になり、つわりの時期は喫煙者である旦那が側に寄るだけで嘔吐していました。一応、気を遣って外や換気扇の下で吸うのですが、やめてはくれません。今のところ赤ちゃんは順調ですが、少しの煙を吸っただけでも胎児へ悪影響が出る可能性はあるのでしょうか。タバコの話をすると必ず喧嘩になるのですが、どうすれば禁煙してくれるでしょうか。(30代・女性)

早産や低体重などのリスクが高くなることも

間接的に煙を吸う受動喫煙は、胎児へ悪影響を与える可能性があります。しかし、実際にどの程度の影響があるかについては、はっきりしておらず、本人が喫煙者である場合と比べるとそのリスクは低いようです。

周りのタバコの煙を吸うことを受動喫煙といい、妊婦さん本人が喫煙した場合と同様に早産のリスクが高まったり、血管が収縮されて赤ちゃんに栄養が行き渡らず低体重や発達遅滞などの障害が出やすくなります。特に赤ちゃんの神経や脳が形成される妊娠初期は、無脳症や神経障害やダウン症になるリスクもUPしますが、本人が喫煙するのに比べると確率は低いです。(産科看護師)
日本禁煙医師連盟のデータによると、1日に40本以上喫煙するご主人の横に約10時間いた場合、妊婦さんも4本程度の喫煙をしたのと同じと考えられるようですが、実際にどの程度の受動喫煙が悪影響を与えるのか明確ではありません。避けるにこしたことはないですが、あまり神経質にならなくてもよいようです。(産科看護師)
スモーカーの妊婦さんでも元気な赤ちゃんを生む方もいますが、やはりタバコの煙は妊婦さんにとってよいものではありません。これまで同様ご主人にはベランダなどで喫煙してもらい、喫煙直後はなるべく近寄らない方がよいでしょう。(産科看護師)

禁煙を強引に迫ると逆効果なことも

できればやめてもらうのが一番ですが、タバコを吸う人にとって禁煙はそう簡単ではありません。あまり責めるとお互いストレスになり逆効果ですので、徐々に本数を減らしてもらうように頼んでみてはいかがでしょうか。

愛煙家にとって禁煙はつらいものです。ご主人なりに気を遣っているようですので、あまり責めず、せめて本数を減らしてもらうようにお願いしてはいかがでしょうか。(看護師)
ご主人も気を遣っているようですので、ある程度の妥協は必要かもしれません。タバコを吸う人にとって禁煙を求められるのは相当なストレスになるため、禁煙を要求したところで喧嘩の回数が増えるだけでしょう。(看護師)
喫煙場所を気遣ってくれていることに対し「ありがとう」と伝えるだけで、本数が減ることがあります。注意されるよりその行動を認められることで、前向きに考えてくれるかもしれません。それでもまったく副流煙の影響がないとは言い切れませんが、ご主人との関係も大切なので徐々に改善してくれるように気長に見守りましょう。(看護師)

ご主人も理解はしているようですし、胎児への影響は皆無とはいえないものの、悪影響を与えるリスクはそう大きくはないようです。あまり神経質にならず、少しずつ禁煙に向けて努力してもらいましょう。


2015/11/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)