子育てへの不安

元々子どもは好きではないが、生まれてくる子を愛せる?

妊娠して大きくなってくるお腹とはうらはらに、本当にこの子を愛することができるのだろうかと悩むママもいるようです。子どもと触れ合う環境で育ってこなかったためか子どもが苦手だという相談者の方に対し、看護師さんたちのアドバイスとは。

プレママからの相談:「妊娠中ですが、我が子を可愛いと思えるか不安です」

私は一人っ子で大人の中で育ち、その影響なのかわかりませんが、子どもがあまり可愛いと思えません。小さくて可愛いとか、知人の子は可愛いと思いますがそれ以上の感情がないのです。私の母も一人っ子で同じく子どもが好きではなかったようですが、やはり自分の子は物すごく可愛いし他の子も可愛いと思えるようになったといいますが、すごく不安です。お腹に話しかけたことも1度もなく、ちゃんと愛せるのか不安です。(30代・女性)

妊娠中はネガティブ思考になる傾向が

妊娠中は情緒不安定になり、気持ちが落ち込み考え方がネガティブになってしまうことがあります。子どもはお腹の中で確実に成長していますし、実際に顔を見たらこれまでの考え方が一変することもあります。今は、順調に生まれてくれることだけを考えましょう。

妊娠中は、うつやネガティブ思考になることもよくありますが、生まれた我が子を見たらお母様のように考えが変わるかもしれません。話しかけなくてもよいので、お腹をさすって無事に生まれてくることを考えてください。生みたくても事情があって生めない人や、不妊症で悩んでいる方が大勢いることも忘れないでください。(産科看護師)
お子さんはママの思いも知らず、一生懸命お腹の中で生きようとしています。もし相談者様が子どもを望んでいなかったにもかかわらず妊娠したのなら、お子さんがあなたを選んだと思ってください。このママなら一緒に頑張れる、このママに育ててほしいと思ってお腹に宿ったと考えてください。(産科看護師)

育てているうちに母性が湧いてくる

子どもと触れ合う環境があるのとないのとでは、たしかに子どもに対する感覚は違うかもしれません。しかし、自分の子どもを愛せるかどうかに関しては別問題で、初めての経験は戸惑いもあって当然ですが、育てていくうちに母性が湧いてくるものではないでしょうか。

誰でも初めてのことは不安ですし、本人の背景や育ってきた環境などによっても感じ方は違うでしょう。たしかに弟や妹がいたり、周りに小さな子どもがいる環境で育つと子どもに対する免疫はつくかもしれませんが、自分の子どもを愛せるかどうかという点において兄妹の存在はそれほど大きくないようです。(消化器科看護師)
今、お腹の中に自分とは違う生命が宿っているということに不思議さや戸惑いを感じているのではないでしょうか。しかし母性というのは赤ちゃんとともに過ごすことで湧いてくるといわれていますので、今は戸惑いがあって当たり前です。子育ては1人でするものでありませんので、戸惑いながらも旦那さんやご家族など周囲の協力を得て育てていけばよいのです。愛せるかどうかではなく、どのように育てていくかを中心に考えましょう。(消化器科看護師)

まだ見ぬ子どもに対し、いまいち実感が湧かないという気持ちもあるのかもしれません。しかし、ずっとお世話をしていくうちに徐々に母性が湧いてくるといわれていますので、あまり不安に感じなくてもよいのではないでしょうか。


2015/12/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)