食べない

2015/12/06

1歳6カ月なのに離乳食も食べずに小柄…どうすれば?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

1歳6カ月なのに離乳食も食べずに小柄…どうすれば?

子どもにとって、毎日の食事は発育や発達に直結するものだけに、偏食があるとママは大変悩みます。我が子がまったく食事を食べてくれないと心配するママに対して、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「1歳半なのに1歳未満の食事も食べてくれない」

1歳6カ月になる娘はいまだに離乳食が卒業できません。いろいろな方法で食べさせようと試みますが、1歳未満の子どもが食べるようなものもまったく受け付けず、毎日、毎食困っています。このままでは栄養面や成長が心配で母乳もやめられません。この先も偏食が続き、離乳食の域を出ないような食事ばかり続けていて大丈夫なのでしょうか。身体も小柄で平均の成長に追いついていません。何か解決方法はないでしょうか。(20代・女性)

ふとしたきっかけで食べられるようになる例も

同じような状況で悩んでいたママもいるようです。ふとしたきっかけで食事に興味を持つようになり、2歳には何でも食べられるようになった例もあります。

同じような状況の子どもの例です。8カ月から離乳食を開始したもののまったく食べず、隙を見て口に入れれば、泣いて吐き出してしまう。相談しても「そのうち食べるようになるから」などといわれていました。食べ物をまともに口にしたのは1歳8カ月頃。ママ用の果物を何気なく子どもの口に運んだら、あっさりと食べてくれたのです。それからは少しづつ他の食べ物にも興味を持つようになり、2歳の誕生日には何でも食べられるようになりました。(看護師)

断乳してみることや、本人のタイミングを待つのも一案

離乳食を進めたいなら、授乳回数を減らしたり断乳をして、食べやすいものから無理強いしない範囲で与えてみるとよいです。しかし工夫をしても食べないのであれば、体調に留意しつつ、子どもの食べる準備が整うまで、長い目で見守ってあげてもよいでしょう。

離乳食を進めたいのなら、断乳も一つの方法です。授乳回数を減らし、子どもが好むもの、食べやすいものを与えてください。食べられたら「すごいね、食べられたね」と褒めてあげましょう。徐々に硬い物をすすめますが、食べられなくても次にチャレンジします。無理に食べさせるのは逆効果です。小さい子どもにも好みや好きな食感があり、同じものを好む傾向もあります。成長とともに好き嫌いは変化しますので、長い目で見てください。(産科看護師)
食べてもらえるような工夫をしても、本人の準備ができていなければ無理かもしれません。そのタイミングがいつになるかはわかりませんが、気長に待ちましょう。先の例に挙げた子どもは、1歳10カ月頃まで授乳も併用していたそうです。栄養が足りずに元気がないのであれば病院に相談した方がよいですが、元気なら様子を見てよいと思います。(看護師)

用意した食事はまったく受け付けないのに、ふとしたきっかけで何かが食べられるようになる例はあるようです。断乳などをして離乳食を進める方法もありますが、工夫をしても食べてくれないなら、子どもの食べる準備が整うまで様子を見てあげることも一案です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加