吸引分娩

1人目は吸引分娩…2人目はスムーズに出産できる?

お産のかたちは人それぞれ、予測がつかないことも多々あるものです。1人目の分娩が大変だったことが心残りで、2人目の出産について不安を持つママに対して、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「1人目が吸引分娩だったので2人目の出産が心配」

1人目の出産のとき、18時間の陣痛の末、吸引分娩となりました。子宮口が開いてから6時間以上かかっても、何度いきんでも頭が見えてきませんでした。妊娠中、切迫早産で3カ月の入院をし、張り止めの点滴をしていたので、陣痛が弱くなっているのではないかといわれて陣痛促進剤を使いました。自力で出産できなかったことを残念に思っており、2人目はスムーズに生まれるか心配です。(30代・女性)

陣痛促進剤を使ったのは、安全にお産をするため

陣痛促進剤を使うのは安全にお産を行うための適切な処置であり、よく行われていることです。自力で出産できたことに自信を持ちましょう。

陣痛促進剤を使うのは、破水により分娩の進行を急ぐ場合、十分な陣痛が起こらない場合、分娩に時間がかかりすぎて母子ともに危険性がある場合などです。妊娠中に張り止めの薬を使ったのなら、やはり陣痛が起こりにくかったと思われます。促進剤を使うことはよくありますし、使ったから自力で出産できなかったわけではありません。自然分娩ができたのですから自信を持ちましょう。(産科看護師)

2人目はスムーズな分娩になる傾向がある

初産が自然分娩なら、2人目はスムーズに分娩できるでしょう。時間の経過とともに骨盤などが固まってきますので、前回の出産から2年以内の方が、よりスムーズなようです。ただし分娩には危険が伴いますので、必ず同様の傾向になるとは限りません。

初産が自然分娩だったのでしたら、骨盤が開きやすくなっており産道ができていますので、スムーズに分娩できると思います。ただし分娩には常に危険が伴い、毎回同じというわけではありません。初産が安産でも次は難産だったり、逆の場合もあります。(産科看護師)
2人目以降の出産は、妊娠中に胎児の位置などの問題がなければ、1人目に比べて楽だといわれています。2人目以降の方が、子宮口が開いてからが比較的早いようですが、特にスムーズなのは、前回の出産から2年以内のようです。時間の経過とともに骨盤も固まってきますので、それだけスムーズさには違いが出るようです。(看護師)

安産のためにできることを行いましょう

特に医師からの制限がなければ、できるだけ身体を動かして、安産できるよう準備をしておきましょう。

医師から制限がなければ、安産のため、できるだけ散歩や体操をして、身体を動かすようにしてください。特に足腰を鍛えると、骨盤底筋が鍛えられて股関節がやわらかくなり、骨盤が開きやすくなります。妊娠後期に入ったら、四つん這いで床拭きをしたり、あぐらをかいて座るようにしてみましょう。(産科看護師)

1人目の出産で陣痛促進剤を用いたり吸引分娩を行ったのは、安全なお産のための処置であり、自然分娩できたと自信を持ってよいそうです。2人目の分娩は、初産に比べてスムーズに進むことが多いようですが、安産のために身体を動かすこともポイントのようです。


2015/12/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)