帝王切開

帝王切開での出産時、手足を縛るというのは本当?

自然分娩でも帝王切開でも、出産は経験してみないとわからないことがたくさんあります。妊婦さんからの質問に産婦人科の看護師さんたちの答えは?

プレママからの相談:「帝王切開での出産の際には、手足を縛られる?」

現在は逆子ではないので、自然分娩を予定しています。もし、緊急で帝王切開になった場合、手足を縛るのは普通のことですか?先日、義妹が出産をしたのですが、緊急帝王切開になり、手足を縛られたといっていました。手足を縛られるなんて初めて聞きました。どこでもみんな手足を縛るのでしょうか。驚きました。 なぜ縛るのでしょう?今のところ帝王切開は予定していないのですが、参考までに教えていただきたいです。(30代・女性)

手術中に危険がないように「固定」する

帝王切開の場合、麻酔を使用して手術をすることになります。意識がなくなると手術台から手足が落ちてしまうことも。それを防ぐため、「縛る」のではなく「固定」するそうです。

手足を縛るというのは、適切な表現ではありませんが、そのように捉えられたのでしょう。帝王切開に限らず、どのような手術でも、手足を抑制帯で動かないように固定します。もちろん、障害が出るほど、きつく縛るわけではありません。あくまでも、動けない程度に固定します。(産婦人科看護師)
『縛られた』なんて聞かされると怖くなってしまいますよね。『縛られる』といわれればそうかもしれませんが、私たち医療従事者では、それは『固定する』といいます。(看護師)
全身麻酔の場合は意識が完全になくなりますので、手足を台の上に置いているだけでは手足が台から落ちてしまいます。麻酔がかかってから手足を台に固定していては危険性が高いです。ですから、意識があるうちに手足を台に乗せて、『固定』しているのです。(看護師)

安全な手術のための処置。術前に説明も

全身麻酔をしていても人間は無意識に身体を動かす場合もあり、手術の安全性を高めるためにも固定は必要な処置のようです。

全身麻酔で自力では動けない状態でも、無意識に身体を動かすことがあります。メスや機械を使って、細心の注意を払って手術を行っている最中に、万が一、身体が動くと、他の臓器を傷つけたりして、無事に手術が行えなくなります。チューブ類や点滴などを抜かれた場合、大変なことになります。(産婦人科看護師)
患者さんの手足までは消毒しませんから、無菌操作で行っている手術部位に、不潔な手が触れた場合、感染症を起こす可能性がありますから、再度、手術部位の消毒からし直さなければなりません。そういった意味で、手足を固定するのは当然のことになります。(産婦人科看護師)
手術前には、そのような説明もあると思います。安全な手術を行うためと、ご了承ください。(産婦人科看護師)
これらのことは安全を考えてのことですので、ご安心ください。 (看護師)

全身麻酔の場合、手術の安全性を高めるため手足の「固定」を行います。一般的な処置ですから、不安に思う必要はないと考えてよさそうです。


2015/12/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)