妊活・妊娠したい

妊娠しないのは双角子宮のせい?人工授精に踏み切るべき?

双角子宮(そうかくしきゅう)と診断されたものの、妊娠は期待できるとしてタイミング療法を受けた女性から相談が寄せられました。1年以上妊娠がないため、人工授精や体外受精に踏み切るべきかという悩みに対し、看護師さんたちは何とアドバイスしているでしょうか。

妊娠希望の女性からの相談:「人工授精や体外授精の有効性について」

卵管造影検査で双角子宮と診断されました。血液検査はすべて正常値だったので妊娠は期待できるといわれて、毎月タイミング療法を受けていましたが、1年以上経っても1度も着床しませんでした。思い切って不妊治療の病院まで行き、人工授精や体外授精に踏み切った方がよいのかどうか悩んでいます。双角子宮でも、人工授精や体外授精の方が着床する可能性は高くなるのでしょうか。(20代・女性)

双角子宮と着床とは関係なし

着床しにくいことと双角子宮それ自体には、相関関係はないようです。ただ、着床後の流産や早産の可能性とは関連があります。

双角子宮は子宮奇形の一つで、自覚症状がないため、妊娠時や不妊の検査で見つかることがほとんどです。双角子宮以外にも子宮の奇形はありますが、妊娠できない、妊娠しても流産を繰り返す場合には、形成手術をすすめられることもあります。(産科看護師)
双角子宮自体と不妊や着床しにくさの相関関係はないとされており、無事に妊娠・出産された方もいます。しかし、子宮の形状によっては流産しやすく、胎児が無事に育っても早産しやすいといわれています。(産科看護師)

双角子宮以外の原因も視野に入れて受診検討を

不妊治療といっても、人工授精・体外受精だけではありません。また、現在の不妊の原因が双角子宮であるとは限りません。原因を突き止め、それに応じた治療を行うためにも、一度、専門の病院を訪れてみるのがよいかもしれません。

不妊の治療は様々ですし、奇形のない子宮でも、体外受精の成功率は20代でしたら30~40%とさほど高くありません。双角子宮でも自然妊娠の可能性はありますが、やはり専門の病院で不妊治療を行った方がよいでしょう。(産科看護師)
1年以上、性行為をしても妊娠しないのは不妊の定義にもあてはまりますので、双角子宮以外に何か原因があるかもしれません。原因がわかれば、それにあった対処法も見つかるかもしれませんし、1人で抱え込まないためにも受診してみる価値はあるかもしれません。(内科看護師)

双角子宮は流産や早産の原因にはなり得ますが、なかなか着床しないこととの直接の関係はありません。不妊の原因が双角子宮であるとは限らないため、専門の病院を受診して原因を調べ、それに合った治療を受けるのが近道かもしれません。


2015/12/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)