妊活・妊娠したい

30代後半でも不妊治療で妊娠可能性は上がる?年齢制限は?

年齢や様々な事情で自然な妊娠が難しい場合、不妊治療で子どもを授かるという選択肢があります。不妊治療に対し、年齢的な不安がある女性からの相談に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

不妊治療についての相談:「不妊治療の年齢制限と、妊娠できる可能性について」

私も主人も晩婚でした。結婚前は夫婦で仲良く過ごせればと話していましたが、結婚後は子どもが欲しくてたまらない気持ちに変化しました。でも、思い付いてすぐに妊娠するわけでもなく、年齢的にもこれ以上延ばすのは不安で悩んでいます。一度、不妊治療の相談に行きたいのですが、不妊治療に年齢的な制限はありますか。38歳ですが、このような年齢でも話を聞いてもらえて、かつ妊娠する可能性は上がるのでしょうか。(30代・女性)

不妊治療に年齢制限はない

不妊治療に制限はなく、閉経しない限り妊娠は可能なようです。しかし、42歳を過ぎると不妊治療の助成金を受けられなくなることを教えてくれました。

不妊治療に年齢制限はありませんし、閉経しなければ妊娠は可能です。しかし、厚生労働省は、2016年から不妊治療の助成金を42歳までにする方針を決めました。元々、体外受精は保険の適応外ですが、年齢を重ねると他の治療でも妊娠の成功率が低くなるため、以前から助成金の制限が検討されていました。不妊治療は長期になることが多く、助成金が受けられないとなると、途中で断念せざるをえない状況にもなりかねません。(産科・婦人科看護師)

すぐにでも不妊外来の受診を

年齢を重ねてからの妊娠、出産のリスクについて教えてくれました。すぐにでもご主人と一緒に受診して、相談だけでも検討するようにとのアドバイスがありました。

年齢を重ねるにつれ妊娠しにくくなり、妊娠しても、ダウン症などの障害児や奇形児、妊娠高血圧症候群など、母子ともに正常な妊娠、分娩を行えないリスクが高まります。また、体外受精を試みても、35歳以上では、30歳と比較して半分ほどに確率が低下します。お子さんをご希望でしたら、すぐにでも不妊外来を受診してください。不妊の原因は女性だけの問題ではありませんから、ぜひご主人も一緒に受診してください。(産科・婦人科看護師)
現在では相談者の方よりも年上でも、不妊治療を始められるようになってきていますので、年齢の心配はしなくても大丈夫です。ただ、不妊治療も年齢を増すごとに妊娠、出産のリスクは高くなりますので、早ければ早いに越したことはありません。相談だけでも受けてくれる産婦人科も増えていますし、受診してすぐに不妊治療を始めなければいけないわけでもありません。まずは気軽に、ご主人と一緒に相談だけでも受けてはいかがでしょうか。(内科看護師)
定期的に婦人科などで自分の身体を把握しておくことも大切なことです。婦人科検診も兼ねて受診してみてもよいかもしれませんね。最近では不妊治療を行っている婦人科も増えていますので、自分に合った婦人科を探してみてはいかがでしょうか。(内科看護師)

閉経しなければ、いくつになっても妊娠は可能ですが、年齢が上がるにつれ妊娠しにくくなり、リスクも高くなります。相談だけでも受けてくれる産婦人科も増えているそうですので、できるだけ早めの受診をご検討ください。


2015/12/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)