偏食

子供の偏食。好きなものだけあげるのはNG?

子供がひどい偏食。野菜や肉などの栄養のあるものは拒否して、大好きなお菓子やケーキばかりを食べています。「何か食べさせなくては」と仕方なしに食べさせていますが、このままでは成長曲線をはみ出てしまうと健診で指摘され不安なママからの相談です。

30代ママからの相談:「子供がひどい偏食。好きなものだけを食べさせていてよいのでしょうか?栄養面が心配です」

子供の偏食で悩んでいます。なるべく野菜など栄養があるものを食べさせたいのですが、なかなか食べてくれません。ハンバーグのように加工してあると食べられますが、そのままでは無理です。またお菓子やケーキは大好きです。この前の健診で、成長曲線からはみ出ようとしていると指摘されて不安です。とりあえず栄養など考えずに、お菓子など食べたい物を何でも食べさせる方がいいのでしょうか?(30代、女性)

お子さんが食べやすいように、調理に工夫を

素材のまま食べるのが苦手な場合は、調理に工夫をして食べやすくしてあげることが大切です。年齢を重ねれば食べられるようになることもあるので、今はお子さんが摂りやすい形で食べてもらえるようにすれば良いと教えてくれました。

例えばお子さんが比較的好きなカレーライス・ミートソース・シチューなどは野菜の臭いが気にならないメニューだと思いますので是非活用してください。 あとはおやつに、サツマイモやニンジンなどの甘くて食べやすい野菜を加えてみてはいかがでしょうか?自然の甘みがある野菜の場合は、糖分の心配はいらないのでお勧めです。 食事が楽しく感じられるのが一番だと思いますので、無理せずすすめてみてください。(小児科看護師)

ある程度栄養面に考慮しながらも、焦らずお子さんが食べるのを待ちましょう。

このままお菓子などを好きなだけ食べさせていては、成長曲線をはみ出してしまうでしょう。高カロリーと栄養面に注意しながら、運動を取り入れて行くことが大切です。看護師さんオススメのレシピも教えてくれました。

いずれは食べられるようになってくるため、今は無理に食べさせなくても良いと思います。ある程度は栄養面も考慮された方が良いと思います。実際に自分の子どもに出して食べてくれたメニューをご紹介します。色々な野菜をみじん切りにして入れたキーマカレー・豚ロース肉を使用して薄くパリパリ食感にしたもの・野菜をたくさん入れた具沢山味噌汁などはいかがでしょう。加えて運動し、身体を十分に動かすことも大切です。(看護師)

栄養面はとりあえず横におきましょう。大切なのは、質・量・組み合わせ

あまりママが神経質になる必要はありません。何を食べるにしても、質・量・組み合わせに気をつけるとよいようです。

毎食の食事では、ご飯と汁物、お肉やお魚・お豆腐・卵などを加工したものを取り入れるようにして、味付けは甘めにされることをおすすめします。 お菓子やケーキも決してやめることはありません。気を付けるとするならば、その種類と量です。食べてくれる方法があるのですから、それを活かしていけるとよいですね。(管理栄養士)

お子さんに無理に食べさせる必要はありません。今は「食べる楽しさ」を感じさせてあげるのが最優先です。ママは、レシピや食材などに気を遣ってサポートしてあげて下さいね。


2014/10/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)