睡眠不足

妊娠初期ですが、眠くて仕方ない…おすすめの過ごし方は?

妊娠初期は様々な身体の変化に見舞われ、戸惑うママも多いです。今まで通り過ごせないことでストレスがたまり心配になってしまうことも。専業主婦のママからの相談に産婦人科の看護師さんたちのアドバイスは?

プレママからの質問:「妊娠初期ですが、毎日眠くてたまらず悩んでいます」

妊娠がわかって以来、毎日眠くて悩んでいます。仕事があれば気も紛れるのかもしれないのですが、専業主婦なのでいつでも横になれる状態です。体調が悪いわけではないのですが、なんとなくすぐ横になりたくなってしまい、横になると眠ってしまいます。1日多いと10時間程です。妊娠中は無理せずといいますが、ここまで寝てしまっていいのでしょうか。また、専業主婦で妊娠初期のおすすめの過ごし方があったら教えてください。(20代・女性)

ホルモンバランスの変化が原因

妊娠によって起こるホルモンバランスの変化が、眠気を引き起こすのだと教えてくれました。

妊娠初期は普段の生活でも流産しやすい時期ですから、無理をしないことです。体調は悪くないと思っていても、妊娠の初期は、胎盤や赤ちゃんの脳、内臓が作られる大切な時期ですから、お母さんの体力が消耗します。(産婦人科看護師)
妊娠するとプロゲステロンというホルモンの分泌が盛んになり、このホルモンが眠気の原因です。昼寝をしても、夜も眠れるなら、時間があるときは横になって休んでください。(産婦人科看護師)
妊娠するとホルモンバランスの変化により、人によってはだるくなったり、眠くなったり、なんとなく調子が悪くなるという方もいます。妊娠初期に無理は禁物ですので、身体を冷やさないように温かくして、休みたいときに休んで大丈夫です。(健康管理課看護師)

ストレスをためず無理しないのが鉄則。安定期に入ったら軽い運動も

赤ちゃんが元気に育つように、ママは身体を冷やさず、リラックスして過ごすことが大事です。また、日光に当たると生活リズムが整いやすくなるそうです。

動けるようでしたら、散歩や軽い体操を行ってもよいですが、安定期に入ってからでもかまいません。妊婦さんの運動の目安は、普段の家事に加えて30分程の散歩ですから、無理に動く必要はありません。妊娠中期から後期になれば、イヤでも運動しなさいといわれますから、今のうちにしっかり休んでください。(健康管理課看護師)
ご存じのとおり分娩時には、かなりの体力を使います。妊娠中ずっと身体を休めることばかりに集中してしまうと、分娩時に必要な体力がつきませんから、安定期に入ってからでよいので活動的になってもよいと思います。(健康管理課看護師)
専業主婦で妊娠初期のおすすめの過ごし方としては、ストレスをためず、身体を冷やさず、無理をしないというのが鉄則。それ以外は普段通りに生活してかまいません。調子がよければお散歩や趣味の時間に費やすとよいですし、これから生まれてくる赤ちゃんのことや子育ての情報を得る時間にしてもよいと思います。(健康管理課看護師)
日光を浴びることで生活リズムが整いやすく、ビタミンDも活性化しますので、家の中にいても日の光が届くところにいるのがおすすめです。(健康管理課看護師)

妊娠初期に眠気が起こるのはホルモンバランスの変化が原因。妊娠初期は流産しやすいときですから、無理せず休んで。安定期に入ったら軽い運動を始めてもよいでしょう。


2015/12/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)