喘息(ぜんそく)

子どもが喘息に…妊娠中のストレスが関係するのはホント?

喘息の原因はハウスダストだとよくいわれますが、それだけではない場合もあります。妊婦さんを取り巻く環境なども関係しているようですが、妊娠中にストレスが多いと生まれた子どもが喘息になりやすいという話は本当かとの問いに、看護師さんたちの回答とは。

ママからの相談:「妊娠中のストレスが原因で子どもが喘息になるの?」

子どもが喘息でアレルギー薬が処方され、半年ほど服用してやめましたが、1カ月後またぶり返したため再開しました。家は常に綺麗で身内に喘息やアレルギーの人はいないのに、なぜ子どもが喘息になったのか不思議です。そんなとき2人目ができて受診した産婦人科で、妊娠中のストレスが原因で喘息やアレルギーを発症する子がいるという話を聞きましたが、本当でしょうか。(30代・女性)

喘息の原因は一つではない

マウスを使った実験データはあるようですが、実際のところ妊娠中のストレスと喘息の関係性についてははっきりしていないようです。妊娠中の食べ物がアレルギーと関係していることがわかってきており、また子どもの喘息は小学校に上がる頃には改善することが多いといわれています。

一般的に喘息の原因は、ダニやホコリなどのアレルギーによるものですが、海外の研究者によるマウスの実験では、妊娠したマウスにストレスを与えたところ、胎児に喘息やアレルギーが発症したという結果があります。(産科看護師)
妊娠中のストレスと子どものアレルギーの関係性については、根拠がはっきりとしないことから医療関係者の中では関係がないともいわれています。それよりも妊娠中の食生活がアレルギーや喘息に関係があるといわれ、妊娠中に栄養バランスの悪い食事や暴飲暴食をすると、生まれてくる子どもにアレルギーが多いことがわかってきています。(内科看護師)
家の中の環境だけではなく、花粉やPM2.5などの大気汚染、天気や気温の急な変化でも喘息を起こす人もいます。たいていの子どもは小学校に上がる頃には改善するようですので、このまま薬の内服を続けながら様子を見てもよいかもしれません。(内科看護師)
両親にアレルギーがなくても、子どもがアレルギーを発症することはあります。子どもの喘息は成長とともに改善されるようですが、早いうちに完治するように風邪の予防に努め、今行っているように部屋を清潔にしてアレルゲンの除去を心がけてください。(産科看護師)

ストレスが与える影響について

妊娠中は、ただでさえ情緒不安定になりやすいため、ストレスが多いと心身に様々な悪影響を及ぼすことになります。特に、育児をしながらの妊娠生活はストレスがたまりやすいため、こまめに気分転換を図ってください。

2人目妊娠時は、上の子の育児などで疲れやストレスがたまりやすいので、休める時は昼間でも横になって休むようにしましょう。妊娠中のストレスはアレルギーだけでなく、発育不全や情緒不安定など様々な影響を及ぼします。妊娠中はホルモンバランスによって、些細なことでイライラしたりうつになったりするため、散歩や好きなことで気分転換してください。(産科看護師)

妊娠中のストレスが、子どもの喘息と直接関係しているかはわかりませんが、ストレスは様々な悪影響を与えます。妊娠中はできるだけリラックスして過ごすようにし、栄養バランスのよい食事を摂るように心がけてください。


2015/12/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)