赤ちゃんの成長

夫が頭痛薬を服用中に妊娠…精子や赤ちゃんへの影響は?

妊娠中のママの気持ちは、宿った命への喜びと、赤ちゃんが健康に育ってくれるかという心配が常に同時進行です。服薬による影響を心配する妊婦さんに対して、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

プレママからの相談:「夫が服用していた頭痛薬は精子に影響する?」

妊娠検査薬で陽性反応が出ました。とても嬉しいのですが、夫が頭痛薬などを頻繁に服用していることが気がかりです。私は妊活中にできるだけ薬を飲まないように気をつけていましたが、夫は仕事に影響が出てしまうので週に1~2回服用していました。母体である私が薬を服用すると、赤ちゃんに影響が出る可能性があることは知っていますが、夫が服用した場合、精子に影響は出ないのかと大変心配です。(40代・女性)

週1~2回なら影響はないと考えてよい

精子は毎日作られていますので、週1~2回の内服でしたら赤ちゃんへの影響はないでしょう。受精は、運動能力が高く、優れた精子だけができるもの。その点でも安心してよいでしょう。

相談のケースでは、男性側の内服による赤ちゃんへの影響はほぼないと考えてよいでしょう。一部の薬剤は赤ちゃんへの影響が懸念されています。また、定期的に内服し、その薬剤の血中濃度が常に一定に保たれていると影響があるかもしれませんが、現在内服しているような頭痛薬での影響はないでしょう。精子は毎日作られます。週に1~2回の内服では、仮に薬剤による影響があったとしても、ごく短期間です。(健康管理科看護師)
精子は受精するまでに様々な難関を乗り越えなければなりません。そのため、運動能力が高く、優れた精子だけが受精できます。何か問題のある精子はそもそも受精することができませんので、その点からも安心できると思います。(健康管理科看護師)

頻回な頭痛の方が心配。受診を一考しては

頻回な頭痛は、重篤な疾患の前兆の可能性もあるので心配です。薬の使い方も含め、一度、病院を受診したほうがよいでしょう。

ご主人が頭痛薬を常用していることが気になります。体調は大丈夫でしょうか。頭痛の原因は様々ですが、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血など重篤な疾患の前兆の場合もあります。頭痛薬を服用しなければならないほどの頭痛が頻回にあるのなら、一度、病院で検査を受けたほうがよいと思います。また、痛み止めには習慣性があるので、頭痛がなくても予防的に服用しているのでしたら、徐々に回数を減らすか、軽いものに変えるようにしてください。(産科看護師)

精子は毎日作られていること、優れた精子でないと受精はできないことから、週1~2回服用している頭痛薬による精子や赤ちゃんへの影響はないと考えてよいようです。しかし頻回な頭痛は重篤な疾患につながると心配ですので、受診を一考したほうがよいようです。


2015/12/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)