妊活・妊娠したい

AMH値が極端に低いといわれた…どんな治療をすればよい?

不妊検査で卵子の在庫を示すAMH値が極端に低いため治療を急ぐようにいわれたという女性から、どんな治療をするべきかという相談が寄せられました。看護師さんたちはどんなアドバイスをしているでしょうか。

妊活中の女性からの相談:「AMH値が低い場合、どういう不妊治療が有効か?」

不妊検査の一つで、AMH値が年齢の平均に比べ極端に低く、医師に治療を急いだ方がよいといわれました。調べてみると残りの卵子の在庫が少なくなっているとのことです。AMH値のみ問題ありで、他の検査では問題なかったため、これが不妊の原因であると考えられますか。今後どのような治療をしていくのがよいでしょうか。(30代・女性)

閉経が早まるものの妊娠率が下がるわけではない

AMHは残りの卵子がどれくらいあるかを示すホルモンの値です。妊娠に大切なのは卵子の数ではなく質ですので、卵子が残り少ないことが不妊につながるわけではないようです。ただし、妊娠可能期間は短くなるため、急いだほうがよいのは確かです。

AMHは発育過程にある卵胞のホルモンで、この値から、卵巣内にどれくらいの卵子が残っているか、卵巣の予備能力がどれくらいのものか判断できます。しかし、AMH値が低いからといって、不妊というわけではありません。残された卵子が少なくても、質のよい卵子が残っていれば妊娠可能ですし、妊娠率が下がるのでななく、妊娠の可能性のある期間が限定されると考えてください。(産科看護師)
女性の卵子は、産まれる前から数が決まっており、男性の精子が新しく作られるのに対し、女性の卵子は減る一方です。ですから、AMH値を上げることはできないと思ってください。AMH値が低いのでしたら、残された卵子が少なく、一般的な年齢よりも早く閉経が起こるかもしれません。ですから、早めに治療をといわれたのでしょう。(産科看護師)
妊娠できるかどうかの問題は卵子の質ですので、逆をいえば高値だから妊娠できるというわけでもありません。つまり低いからイコール妊娠できない原因とはいえません。改善するための方法ということですが、残念ながら改善することはできません。数値が低いということは、0になってしまうと閉経を示すため、0になる前の治療をということで、急いだほうがよいといわれたのでしょう。(内科看護師)

医師とよく相談して人工授精も視野に

他の方法が功を奏さなかったのであれば、人工授精や体外受精を視野に入れる必要があるかもしれません。夫婦で、また医師とよく相談して検討しましょう。

これまでどのような不妊治療を行ってきたのかわかりませんが、タイミング法や、排卵誘発剤でも妊娠できなかったのでしたら、思い切って人工授精や体外受精を試みた方がよいかと思います。治療方針に関しては、それぞれの事情もありますから、主治医とよく相談して検討してください。(産科看護師)

AMH値が低いということは、卵子の残りが少ないということです。このことによって妊娠率は下がりませんが、妊娠可能期間が短くなるため、早急に治療を進める必要があるでしょう。主治医とよく相談のうえ、人工授精などの思い切った方法も視野に入れて検討してみるとよいかもしれません。


2016/01/01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)