つわり

立ちくらみや貧血も…つわりを理由に仕事を休める?

働く妊婦さんが増えていますが、ほとんどの人がつわりを経験しています。立っていられないほど症状が重く、仕事を休んでもよいか悩む妊婦さんに対して、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

プレママからの相談:「つわりがつらいことを理由に仕事を休んでもよい?」

現在妊娠中で、未婚の母になることもあるかもしれないという状況ですが、大切な人の子どもがお腹にいることは本当に幸せで嬉しいです。つわりは妊娠当初からひどく、吐き気やムカムカがあったり、立ちくらみや貧血などで立つことも難しいです。ちょうどアパレルの仕事に就き始めたところだったので、周りには大変迷惑を掛けていると思います。仕事を辞める時期は決めていますが、つわりの時期に休んでもよいでしょうか。(10代・女性)

つわりの時期は流産しやすいので無理をしないで

つわりの時期は流産しやすいので、無理をせず仕事を休ませてもらいましょう。赤ちゃんを守れるのはママだけです。身体に負担のかかる仕事は避け、判断に迷ったら主治医に相談を。

つわりの時期は流産しやすい時期でもあるので無理は禁物です。辛いときは仕事を休んだり、仕事中でも時々休ませてもらうようにしてください。せっかく就いた仕事であり、迷惑をかけたくない気持ちは理解できますが、赤ちゃんを守れるのはママしかいません。また下半身を冷やさないようにし、下着はマタニテイー用のものでお腹を締め付けないようにしましょう。(産科看護師)
妊娠したからといって退職する必要はないし、いつまで仕事を続けてもよいという基準もありません。仕事の内容にもよりますが、立ち仕事や、重い物を持つ、空気の悪い場所、人間関係などでストレスを感じる職場での仕事は、あまりお勧めできません。仕事を休む判断に困るときは、赤ちゃんの成長をみて主治医と相談してください。(産科看護師)

職種によって休み方は異なるので、職場へ相談を

妊娠に理解がある職場なら、つわりの状況に応じて休んだり働き方を変えることは可能かもしれません。無理のない働き方を職場に相談してみましょう。

看護師の例です。お腹が張ったり、切迫早産などで安静にしなければならないとき以外は普通の立ち仕事をしていましたが、つわりがひどいときはパート勤務にしてもらったり、数週間仕事を休んだケースがありました。女性が多い職場で、妊娠に理解があることからできた対応ですが、他の職種に就いている女性では、仕事を辞めざるを得ない人もいます。つわりの状況に応じて、無理のない働き方を職場に相談してみてください。(内科看護師)

つわりの時期は流産しやすい時期でもあるので、お腹の赤ちゃんを守るために無理は禁物です。身体に負担のかかる仕事は避け、つわりの状況に応じて仕事を休んだり働き方を変えられるよう、職場に相談してみることも一案です。


2015/12/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)