薬(処方薬・市販薬)

妊娠中の胃薬やビタミン剤の服用…本当に問題ない?

妊娠中でもビタミン不足になったり、体調が悪くなることはありえます。そんなとき、妊娠前はあまり深く考えずに飲んでいたビタミン剤や市販薬を飲み続けても、果たして問題はないのでしょうか。

ママからの相談:「妊娠中のビタミン剤や胃腸薬の服用は大丈夫?」

妊娠10週目です。妊娠前からチョコラBBを飲んでおり、妊娠してからも習慣で飲んでいます。パッケージには妊娠中でも飲んで大丈夫だと書いてありますが、本当に問題ないでしょうか。また、胃がむかついたときに太田胃散を飲むのは大丈夫でしょうか。気をつけるべき点があれば教えてください。(30代・女性)

妊娠中の薬やビタミン剤の服用について

たとえば、質問者さんが名前を挙げているビタミン剤や胃腸薬。ほとんどの専門家はおそらく問題ないだろうという見方ではありますが、「安全です」と太鼓判を押しているわけではありません。

ビタミン剤は、妊娠中や授乳中のビタミンBの補給としても使用できる薬ですから問題ないと思いますが、長期の服用はよくありません。(婦人科看護師)
ビタミン剤に関しては、妊婦さん用につくられたサプリメントなら安心して摂取できます。一般に市販されているサプリメントの中には、合成成分が含まれているものがありますので注意しましょう。(内科看護師)
胃腸薬はいろいろな種類があり、妊婦さんは注意しなければならない種類もあります。安易に服用しない方が安全です。(婦人科看護師)
太田胃散は生薬からつくられていますので胎児や母体に影響は少ないとされます。ただし、分包、チュアブル、液状は安全とされていますが、錠剤など種類によっては注意しなければならないものがありますので、自己判断で飲むのは安全とはいえません。(内科看護師)
葉酸など食事から摂取するには難しい食品は、サプリメントからとるのが効率的です。ビタミン剤で積極的に摂りたいのは、ビタミンB、ビタミンCです。ただし、サプリメントはあくまでも補助的なものとして用いるようにして、栄養は普段の食事から摂るようにしてください。(内科看護師)
妊娠中の栄養補給に栄養ドリンクは効果的ですが、意外にも高カロリーなので飲み過ぎには注意してください。カフェインやアルコール類が含まれておらず、妊娠中や授乳中も大丈夫だと明記されているものを規定の分量だけ飲むのは、それほど心配ないと思います。(内科看護師)

とにかく、かかりつけの医師に相談するのが安全

自分の身体だけではなく、赤ちゃんにも影響を与えてしまうかもしれない薬やビタミン剤。そもそも妊娠中に自分の判断で薬を飲むことには危険が伴います。必ず事前に医師に相談するのが安全です。

妊娠中は自己判断で薬を服用したり、中断することはよくありません。妊娠したことで体質が変化するので、今まではなんともなかった薬でも、副作用が出ることやアレルギーを起こすことが考えられます。(婦人科看護師)
どんな薬もサプリメントも、100%大丈夫といえるものはありません。必ず、事前に主治医に相談してください。必要であれば産科で処方できますし、その方が安心して服用できます。(婦人科看護師)
妊娠中の内服薬については、かかりつけの産婦人科医に相談するのがよいでしょう。(内科看護師)

妊娠中、赤ちゃんとお母さんはつながっています。母親であるあなたが口にするものが、小さな赤ちゃんにも直接伝わってしまうことを忘れずに。何か飲む前には一度、お医者様に相談してみるのがよさそうです。


2015/12/31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)