便秘

妊娠してから下痢気味に…赤ちゃんの成長に悪影響がある?

妊娠中の身体はいろいろな意味で変化しますが、妊娠が原因で下痢気味になってしまうということもあり得るのでしょうか。赤ちゃんに悪影響を与えてしまう可能性はないのでしょうか。

ママからの相談:「妊娠してからの下痢の症状は、よくあるもの?」

妊娠前よりトイレが近く、下痢気味になっています。もともと便秘症だっただけに、急な身体の変化に戸惑っています。赤ちゃんの成長に悪い影響がないのか心配なのですが、妊娠中にはよくあることと放っておいてもよいのでしょうか。それとも解消するためになにかした方がよいのでしょうか。(30代・女性)

便秘や下痢は妊娠中にはよくあること

妊娠中の下痢は、母体も心配ですが、何よりも心配なのは赤ちゃんのこと。下痢を止めるために、何かした方がよいのでしょうか。

妊娠すると大きくなる子宮に膀胱や腸が圧迫され、頻尿や便秘になることや、ホルモンの変化で下痢になることがあります。妊娠中にはよくあることです。(産科婦人科看護師)
妊娠中はホルモンバランスや自律神経の乱れによって腸の働きが悪くなり、そのため下痢や便秘が起こりがちです。下痢がそれほどひどくなく、食事や水分をしっかり摂れているようであれば赤ちゃんへの心配は少ないと思います。(内科看護師)
下痢で流産することはありませんが、下痢のため栄養不足になる場合があります。(産科婦人科看護師)
貧血予防のために鉄剤やサプリメントを服用中でしたら、副作用で下痢が起こることもありえます。常用している薬などがあれば、一度、主治医に相談してみてもよいでしょう。(産科婦人科看護師)
下痢が続くようであれば医師に相談することをおすすめします。市販薬を使用するときは独自の判断で使用せず、必ず産婦人科に相談するようにしてください。(内科看護師)

下痢を解消するには?

栄養不足や水分不足にきちんと気をつけていれば、赤ちゃんに悪影響はないようですが、下痢が続くと日常生活に支障をきたしてしまうことも。どうすれば下痢を解消できるのでしょうか。

なるべく胃腸に負担をかけないように、一回の食事量を減らしゆっくり噛んで食べるようにしてください。油の多いものは消化不良を起こしやすいので、少し控えた方がいいでしょう。 (産科婦人科看護師)
下痢をしているときは冷たいものは避けて、温かい食事や飲み物を摂るようにしてください。また、食事は少量ずつ、おかゆやうどんなど消化のよい食品を選んでみてください。(内科看護師)
下痢をしているときは、食物繊維を減らしてバランスのとれた食事を心がけるのと同時に、水分補給も忘れずに。(産科婦人科看護師)
ストレスも下痢の原因になる場合があります。近くを散歩したり、気分転換したり、睡眠をしっかりとってストレスをためないようにしてください。(産科婦人科看護師)

胃腸にやさしいものを少しずつゆっくり食べて、水分補給も怠らないようにしましょう。また、薬の服用に関しては必ず医師に相談してから、と肝に銘じておくのがよいようです。


2015/12/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)