つわり

2015/12/28

吐きづわりで食欲がない…無理にでも食べるべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

吐きづわりで食欲がない…無理にでも食べるべき?

つわりの状態には個人差があり、水を飲んでも吐いてしまう人もいれば、軽い症状で済んでしまう人もいます。吐きづわりがひどく食事ができないという妊婦さんに対して、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

プレママからの相談:「つわりで吐いてしまうけど、食べないとダメ?」

妊娠が判明してから、つわりで食べても吐いてしまう毎日です。最近は、食べられる量だけを少量食べるようにしています。体重もかなり減ったのに食欲がわかず、実母が「もっと食べないと赤ちゃんによくないのでは?」と心配しています。妊娠初期で最低限食べたほうがよい量は決まっていますか。私は吐くくらいなら食べないほうがよいと考えるのですが間違っていますか?また、おすすめの栄養ドリンクなどがあれば教えてください。(20代・女性)

妊娠初期の食事は無理せず少しずつ、水分補給も忘れずに

つわりは一時的なもの。妊娠初期はカロリーなど気にせず、食べられるものを食べてください。ただし、吐くと脱水になりやすいので水分補給は忘れずに。体重減少がある場合、点滴を受けたり入院になることもあります。

妊娠初期のつわりには個人差があり、症状がひどい人も、軽く済む人もいます。つわりは一時的なものですので、今はカロリーや栄養バランスを考えず、食べられるものから摂取するとよいと思います。栄養バランスが気になるのでしたら、圧力鍋で野菜のスープを作ることもできます。実母様のご心配は理解できますが、食べて吐いての繰り返しでは、あなたがつらい思いをするだけです。(一般内科看護師)
つわりのときは、無理に食べなくても構いませんが、野菜や果物のジュース・ゼリー・酢の物など、摂りやすいものを食べるようにしてください。吐くから食べる必要がないわけではなく、少しづつでも食べることです。吐くと脱水になりやすいので、食事が無理でも水分補給は心がけてください。水を飲んでも吐き気があるのでしたら、氷を口に含むとよいです。体重の減少があれば、栄養剤の点滴を受けたり、入院もやむを得ない場合があります。(産科看護師)

栄養ドリンクはノンカフェイン・ノンアルコールのものを

栄養ドリンクを飲む場合は、ノンカフェイン・ノンアルコールで妊娠中や授乳中の方でも飲用可能なものを選びましょう。医師や看護師、薬剤師に確認すると確実です。

栄養ドリンクを購入するときは、成分表や説明書をよく読み、薬剤師に相談してから購入してください。妊婦さんにおすすめの飲み物はタンポポ茶です。(産科看護師)
栄養ドリンクを妊娠中の栄養補給として飲むのは、よいと思います。ノンカフェイン・ノンアルコールの商品を選び、規定量を守りましょう。ボトルの表示に「妊娠中・授乳中」などと表記してあれば安全だといえますが、産科の医師や看護師に確認することをおすすめします。(一般内科看護師)

つわりは一時的なものなので、特に妊娠初期はカロリーなどを気にせず、食べやすいものを少しづつ食べるとよいようです。嘔吐による脱水を防ぐため水分補給に注意すること、栄養ドリンクは妊娠中でも可能なものを医師等に確認してから飲用するとよいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加