手足口病

手足口病の発疹をかいて化膿…病院行くなら内科?皮膚科?

手足口病の発疹を、子どもは気になるようでどうしてもかきむしってしまいます。化膿してしまった発疹を放置してよいのか、病院に行くべきか迷っているママに対し、専門家の皆さんは何とアドバイスしているでしょうか。

ママからの質問:「手足口病の発疹が化膿した場合の対処法について」

息子が手足口病になりました。内科では、熱冷ましの座薬と下痢止めを処方されましたが、発疹に関しては『本人は痛くもかゆくもないし、日が経てば治る』と特にお薬の処方はありませんでした。しかし、子どもは気付かない間にかいてしまい、2日後には化膿してしまいました。この場合も放置してよいのか、病院へ行くなら内科・皮膚科どちらなのか、今後また手足口の発疹が出た場合、自宅でどう対策したらよいか教えてください。(30代・女性)

化膿は細菌感染の可能性も。皮膚科などで受診を

手足口病の発疹だけでは投薬は不要ですが、細菌感染が起こっている場合は皮膚科などを受診し、抗生剤の塗り薬など適切な処置をしてもらうことを検討するのがよいようです。

手足口病は基本的にウイルス感染症ですので、治療は対症療法になります。手足の発疹は出ているだけでは特に投薬はしません。しかし、痛みやかゆみから子どもの場合、触ってしまうことが多く、ひっかいた傷から細菌が入って二次感染を起こすことがあります。化膿している場合は細菌感染も起きていると考えられますので、程度によっては抗生剤の塗り薬などが必要です。この場合、皮膚科を受診するのが適切だと思います。(内科医師)
病院は、経過を見ている内科か小児科がよいですが、発疹だけの対策でしたら皮膚科でもかまいません。(産科看護師)

かきむしらないよう工夫し、他の人への感染対策を

かきむしらないために包帯を巻く、冷やすなど工夫しましょう。また、発疹の中の汁には感染力があるため、大人でも注意してしっかりと感染対策を行いましょう。

手足口病はウイルスの種類が複数あるため、今後も発症する可能性があります。発疹の基本的な対応は、かきむしらないようにすることです。そのため、気にならないように緩めに包帯を巻いたり手袋をするのも手です。また、温まるとかゆみが強く感じられますので、時々タオルを巻いた冷却材などで冷やしてあげましょう。(内科医師)
水疱は、やぶれると中の汁から他の人に感染することがあります。大人でもうつってしまいますので、処置をした後は、大人もしっかり手洗いしましょう。(内科医師)

手足口病の発疹は、それだけでは投薬の対象になりませんが、細菌感染して化膿している場合は、皮膚科などを受診して適切な処置を受けるのがよいかもしれません。自宅では、かきむしらないよう冷やすなどの対策とともに、看護者を含め他の人に感染しないよう注意が必要です。


2016/01/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)