肛門付近から出血。妊娠中は痔になりやすいって本当?

妊娠7カ月の相談者の方は、最近になって排便のリズムが崩れてしまい、時々肛門付近からの出血もあるので痔になったのではと心配しています。肛門に突起のような物もあるのですが、医師に診察してもらった方がよいのでしょうか。看護師さんたちに聞いてみました。

痔について妊婦さんからの相談:「排便リズムが崩れ肛門付近から出血も。痔なのでしょうか?」

現在妊娠7カ月の妊婦ですが、ほぼ毎日あった排便が3日に1度のリズムになり、出る時は軟便や下痢のような状態です。時々、肛門付近を拭いた紙に血液が付着していることがあり気になってはいましたが、最近になり肛門から突起が出ているのに気づきました。恐らく痔ではないかと思うのですが、産科の医師に相談した方がよいのか迷っています。放置していたら出産時に悪化したりするのでしょうか。(30代・女性)

妊娠後期や出産時に悪化する可能性も。一度医師に相談してみましょう

妊娠中の痔は、大きくなる子宮の圧迫により血流が悪くなることで起こります。またトイレットペーパーに付着していた血が、痔によるものなのかどうかも診てもらった方が安心ですので、産科の医師に相談してはいかがでしょうか。

まずは、出血が肛門からか子宮からかの判別をしてもらった方がよいと思いますので、健診時に相談されてはいかがでしょうか。痔であった場合、出産時のいきみで悪化する可能性があるので、早めのケアをお勧めします。(産科看護師)
痔の場合、妊娠後期にかけて症状が悪化する可能性も。産科医に相談すると、軟膏や座薬の処方があると思いますので、これで症状はかなり改善されるのではないでしょうか。(薬剤師)
妊娠中の痔は、大きくなった子宮が直腸周囲の血管を圧迫し、血流が悪くなることで起こります。妊娠後期になると、更に血液循環が悪くなるので、痔が大きくなったり出血しやすくなる恐れがあります。また紙に付着した血は肛門からの出血だと予想されますが、子宮からの出血だといけないので、一度先生に診てもらった方が安心です。(看護師)

腸内環境を整え、身体を冷やさない工夫をしましょう

痔を治すためには、腸内環境を整え下痢や便秘を解消する必要があります。生活習慣を見直し、身体を冷やさないようにすることも大切です。

妊娠後期に入ると便秘になりやすいですが、いきむと出血のリスクがあるので排便コントロールをする必要があります。バランスの良い食事を心がけ、食物繊維の多い果物やヨーグルトを摂取し、あとは血行をよくして肛門周囲を清潔にしましょう。(看護師)
軟便・下痢の場合、未消化の固い食物が肛門の粘膜を傷つけ、その部位に軟便が残ってしまい痔になることも。適度に形のある柔らかい便を作るため、腸内環境を整えることから始めてはいかがでしょうか。ヨーグルトや、食物繊維を多く含む海藻類などを食べ、身体が冷えないよう暖かい汁物や温野菜もよいです。(産科看護師)

まずは出血が痔によるものかどうか、一度診察してもらった方がよさそうですね。痔であった場合、妊娠後期に入ると更に悪化の恐れがあるので、できるだけ早めに治しておきましょう。血行が悪くなると痔にも影響するので、冷たいものの摂りすぎには注意してください。


2014/10/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)