赤ちゃんの成長

妊娠19週目の身体の変化とは?あまりお腹が大きくならないのはなぜ?

つわりで辛い妊娠初期が過ぎ、妊娠中期になるとママはふっくら丸みを帯びた体型になります。成長の度合いは人それぞれですが「そろそろお腹も目立ってくるはずなのに変化がない…」と、赤ちゃんの成長を心配するママも少なくありません。どうしても他のママやインターネットなどで見た情報と比べてしまうものですよね。
今回は、妊娠中期にあたる妊娠19週目の胎児や母体の状態、発症しやすいマイナートラブルや過ごし方のポイントや注意点についてご紹介します。人と比較せずに自分らしいマタニティライフを過ごしてくださいね。

妊娠19週目の身体の状態とは?

胎児の状態

妊娠19週目は妊娠中期に入っており、お腹の中の赤ちゃんの大きさは、身長約20cm、重さは約200gほどです。赤ちゃんの手足ができあがり、すべての関節が動くようになります。そのため赤ちゃんの動きは活発になり、羊水の中を回転したり子宮の壁を蹴ったりできるようになる元気な子も。髪の毛が生え、筋肉や皮下脂肪がつき始めるためふっくらとした体型になります。超音波検査の写真では赤ちゃんの心臓や胎盤が映り、早ければ男の子か女の子かの性別が判明する場合もあります。女の子の場合生殖器官は完成しており、既に子宮・膣・卵管が形成されています。
神経回路も発達する時期なので身体に刺激を感じるようになります。聴覚が発達して外の音を聞けるようになるため、赤ちゃんにどんどん語りかけてあげると良いでしょう。

母体の変化

〇身体的な変化

つわりや悪阻も徐々におさまり、19週目頃は食欲が旺盛になる時期です。体重管理をしながら、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。
見た目では、ママの身体に皮下脂肪が蓄えられ丸みを帯びた体型になります。乳腺も発達するため乳房は大きくなり、乳首の色が黒ずみます。お腹がふっくらと目立ってくるため妊娠していることに気付かれるようになります。お腹が目立たず赤ちゃんの成長を心配するママもいますが、健診で指摘されていなければ大丈夫です。お腹の出具合は個人差が大きく、ママの体型・骨盤の大きさ・腹筋の強弱・羊水量などの要素が影響するため、気にしすぎる必要はありません。子宮の中で週数にあった成長をしていれば問題ないので、安心してくださいね。
また、この頃から腰痛や肩こりを感じやすくなります。腰痛の原因は、出産に備えて骨盤が緩んでくるためです。ウォーキングなどの軽い運動をスタートさせ、腰まわりの筋肉をつけるようにしましょう。肩こりは、乳房が大きくなって肩に負担がかかるために起こります。肩まわりのストレッチをする・お風呂でゆっくり入浴するなど、血行を良くすれば改善することが多いです。
子宮が大きくなるにつれて靭帯が引っ張られ、お腹の下あたりに痛みを生じることがあります。感じ方には個人差がありますが、体勢を変えたり急に起き上がったりする際に痛みは激しくなる傾向があります。

〇精神的な変化

妊娠後は女性ホルモンのバランスが変化するため、ママの身体は徐々に変化していきます。初めての妊娠の場合、経験する全てに驚いたり感動したりする一方、不安を感じるママも少なくありません。19週目は身体の見た目にも変化が起こるため、ママの身体の変化・赤ちゃんの健康・仕事の継続・家事や育児についてなど妊娠や出産に関する不安やストレスを抱えやすくなります。
悩みはひとりで抱えこまず、ダンナさん・家族・仲の良い友人など気心の知れた仲間に打ち明け、甘えることも大切です。産婦人科で話をすることでも不安が解消される場合があります。散歩やストレッチをして気分をリフレッシュする・お気に入りの場所でリラックスするなど、ご自身の好きな方法で気分転換すると良いですね。

19週目で起こりやすい症状やトラブル

ママひとりの身体ではないため、ちょっとした体調の変化や小さなトラブルにも神経質になってしまいます。原因や対策を知って、対処するようにしましょう。


・頭痛・吐き気
出産に対する不安やストレスで頭痛や吐き気を起こすことがあります。妊娠による疲労や睡眠・運動不足、腰痛や肩こりが引き金となっているケースも少なくありません。どうしても辛い場合は市販薬に頼るのではなく病院を受診し、妊娠中でも影響のないお薬を処方してもらいましょう。

・腰痛・肩こり
ホルモンバランスの変化で骨盤が緩むうえに、お腹が大きくなってくるため腰に大きな負担がかかります。また、乳房も大きくなるため肩にも負担がかかり、肩こりを訴えるママは多いようです。腰や肩の負担を減らすため、腹帯やマタニティガードルで腰をサポートしたり、血流を良くするために入浴で身体を温めたりストレッチをすると良いでしょう。

・動悸・息切れ
妊娠後は体重が増加して全身の血流量が増えるため、心臓への負担が大きくなります。動悸や息切れを感じたら、まずは深呼吸をして落ち着かせましょう。座ったり横になったりして休み、それでも症状が続く場合は医師に相談しましょう。

・流産・切迫流産
安定期でも流産する可能性はあります。妊娠12週〜22週で起こる流産を後期流産といい、流産全体の約20%を占めています。後期流産は母体に問題があるケースが多く、お腹の張りや陣痛の感覚がないまま開いてはいけない時期に子宮口が開く「子宮頸管無力症」や、子宮の形態異常である「子宮奇形」、子宮に良性の腫瘍ができる「子宮筋腫」などが原因となることがあります。これらの病気は、腹痛などの自覚症状がなく、妊婦健診のエコー検査などで初めて見つかる場合も多いようです。
切迫流産は妊娠の継続はできますが流産のリスクがあることをいい、症状として性器出血や下腹部の痛みが現れます。妊娠12週以降に切迫流産と診断された場合、初期よりも流産のリスクが高まります。医師の指示に従い、安静を保つことが重要です。

・妊娠高血圧症候群
妊娠20週頃〜分娩後12週までの間、高血圧や尿たんぱくがみられる妊娠高血圧症候群になることがあります。赤ちゃんに届ける酸素や栄養が不足し、重症化するとママ自身がけいれんや脳出血を起こすなどのリスクがあります。妊娠中期の始め頃に発症すると重症化しやすいため注意が必要です。生活習慣をチェックし、特に塩分・糖分には気をつけるようにしましょう。

・感染症
膣内の常在菌が異常に繁殖することで発症する「細菌性膣症」になると、抵抗力が弱まっている妊婦は様々な病原菌に感染しやすくなります。細菌性膣症から「子宮頸管炎」を引き起こし、さらに子宮に広がり羊水まで到達すると「絨毛膜羊膜炎」となる場合もあります。絨毛膜羊膜炎が進行すると、下腹部痛やおりもののニオイが強く現れ、早産の原因になってしまうこともあります。
他にも様々な感染症がありますが、妊娠中に感染すると赤ちゃんや次回の妊娠に影響を及ぼす可能性があるため注意が必要です。

過ごし方のポイント

安定期に入り身体が落ち着き、胎動も感じられるようになってきた時期です。身体の変化に気を配りながら、少しずつママになる準備を始めましょう。以下のポイントを参考に、妊娠中期を楽しく過ごしてくださいね。


・マタニティウェアに切り替える
お腹が目立ち始めたら、お腹や胸を締め付けないマタニティウェアや下着に切り替えましょう。最近は種類も豊富で機能性も抜群なものが揃っています。妊娠中のおしゃれも楽しみましょう。

・胎教
早ければ妊娠17週〜18週頃から胎動を感じるようになります。この頃、赤ちゃんの脳や神経ができあがっていくため、ママの声や心音が赤ちゃんに届くようになると言われています。赤ちゃんに名前をつけて話しかける・本を読み聞かせる・歌ってみるなどしてみましょう。ママの優しい声は赤ちゃんの耳に届き、赤ちゃんにとって気持ちの良い環境を与えてあげることができます。

・妊娠線のケア
体重増加とともに皮膚が引き伸ばされて生じる妊娠線。お腹が大きくなり始めるこの頃から妊娠線のケアを始めましょう。妊娠線を予防するには、急激に体重が増加しないように注意し、皮膚が乾燥しないようクリームなどを塗って十分に保湿します。

・外出の際は日焼け対策を
妊娠中はメラニン色素を分泌する働きが活発になることで、シミ・ソバカス・おへその上下に伸びる正中線などが濃くなり、紫外線の影響を受けやすくなっています。安定期に入り外出する機会も増えますので紫外線対策を万全に行い、日傘・帽子・クリームなどで肌を守るようにしましょう。妊娠中は肌が敏感になっているため、日焼け止めを選ぶ際は紫外線吸収剤を含まないノンケミカルなものにすると安心です。

・適度な運動
食欲旺盛になり、一気に体重増加が見られる時期。過度なダイエットをする必要はありませんが、適度な運動は必要です。体調が安定している場合はスイミングやウォーキングなどの軽い有酸素運動をスタートすると良いでしょう。疲れを回復しリラックスできる効果のあるヨガも妊婦におすすめです。筋肉が落ちるのを防ぎ、出産に向けた体力作りにもなります。

・食事と栄養
食生活は、野菜を中心とした栄養バランスの良い食事を心がけ、カロリーを摂取しすぎないようにしましょう。塩分の摂りすぎは妊娠高血圧症やむくみの原因となるため、濃い味が好きな人は、普段より薄味にするように気をつけましょう。主菜のたんぱく質は、食材に偏りが出ないよう動物性と植物性からバランスよく取り入れたいですね。
積極的に摂りたい栄養素は鉄分・葉酸・食物繊維・カルシウム。鉄分は血液量が増える妊婦の貧血を予防し、食物繊維は大きくなったお腹が腸を圧迫するために起こりやすい便秘を改善してくれます。カルシウムは赤ちゃんの身体をつくるのに重要な栄養素ですので、牛乳・ヨーグルト・ちりめんじゃこ・納豆などを意識して摂取しましょう。

・安産祈願
日本古来の風習として「戌の日のお参り」があります。多産でお産が軽いことから安産の象徴とされている犬にあやかり、妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に神社で安産祈願をします。戌の日は親として初めて行うイベントであり、赤ちゃんにとって初めての儀式。きっと良い思い出になりますので、都合がつく場合は参拝することをおすすめします。ただし、妊婦は体調を崩しやすいため無理は禁物です。戌の日に限らずご祈祷を受け付けてくれる神社は多いですので、混雑する戌の日を避け、家族全員の都合が良いタイミングでお参りをするママもいます。

・母親学級・両親学級
自治体・産院・ベビー用品店などで行われる母親学級や両親学級では、出産や赤ちゃんのお世話などについてレクチャーを受けることができ、先輩ママパパの子育て体験談を聞くことができる場合もあります。特に両親学級は出産前から育児の疑似体験をすることができるため、是非ダンナさんと一緒に参加しましょう。妊娠中の大変さや出産後の生活がイメージでき、パパになる意識が芽生える良い機会となります。

妊娠19週目の胎児は動きが活発になり、ママの声や外の音が聞こえるようになると言われています。ママの身体は丸みを帯びて妊婦らしい体型になる頃。食欲も旺盛になる時期なので、体重管理に注意が必要です。お腹や胸が大きくなり腰痛や肩こりの症状が現れることもありますので、血流を良くするなどして対処しましょう。妊娠中期に起こるマイナートラブルには注意し、心配な症状があれば先生に相談し内診を受けるようにしましょう。過ごし方のポイントを参考に、産まれてくる赤ちゃんの想像をしながら、限られたマタニティライフの時間を楽しく過ごしてくださいね。

参考:
・竹内正人監修 はじめての妊娠・出産辞典(朝日新聞出版)


2018/11/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)