妊娠中の病気・身体の悩み

妊娠中の微熱、いつまで続くの?続いても大丈夫?

妊娠初期に微熱が出る妊婦さんは多いようですが、5カ月になっても微熱が続くため、心配しているという相談が寄せられました。一体何が原因なのでしょうか。

プレママからの質問:「妊娠初期から、なかなか微熱が下がりません」

妊娠初期から熱に悩まされています。初めの頃は寝込むほどで、10週頃に風邪を引いた際は38度台まで上がりました。特に夕方以降は37度台前半の微熱が続き、軽い家事程度のことしかできません。だいぶ症状が緩和してきたとはいえ、5カ月になっても夜の微熱は続いていますし、昼間でも面倒事に対処するような場面があると簡単に熱が上がります。出産まで、このまま微熱が続くものなのでしょうか。また続いても問題はないでしょうか。(30代・女性)

感染による発熱でなければ心配ない

風邪などの感染による発熱、それもかなりの高熱でない限り、心配する必要はないようです。感染予防と体力づくりを心がけましょう。

妊娠するとホルモンの影響で、基礎体温の高温期が続くように、妊娠初期は多くの妊婦さんが微熱を経験します。妊娠14週くらいになると、低温相に戻りますが、もともと体温の高い方は微熱が続くと思います。特に風邪症状など感染の兆候がなければ、心配しなくてよいでしょう。(産科看護師)
妊娠中は抵抗力が落ちていますから、細菌やウイルスに感染しやすくなっています。微熱が続いて、だるいとき、体調がすぐれないときは、主治医に相談してください。39度を超す高熱でなければ赤ちゃんに影響はありません。手洗いやうがいで感染を予防し、バランスのとれた食事で体力をつけてください。(産科看護師)

ストレスによる自律神経の乱れが原因の可能性も

ストレスが原因で微熱が出ている可能性もあるということです。ストレスをためず、リラックスできるよう工夫してみましょう。

半年近くも微熱が続くのは特殊体質でもなんでもありません。面倒事などに直面すると熱が上がると書いてありますので、ストレスが体に加わることで交感神経というものが優位に働き、微熱の原因となっているのかもしれません。仮にストレス等で体に不調を感じるのでしたら、ストレスをためない、忘れるといったことが必要です。リラックスできるように気分転換を図ることなどもいいですよ。(内科看護師)

妊娠中微熱が続く場合、感染によるものでなければ心配する必要はありません。また、ストレスにより交感神経が優位に働き、微熱の原因になっている可能性もあります。ストレスを解消し、リラックスできるように心がけてみましょう。


2016/01/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)