頭痛

2016/01/10

妊娠中、頻繁に起こる頭痛で吐き気も…医師に相談すべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠中、頻繁に起こる頭痛で吐き気も…医師に相談すべき?

何をしても治まらない、吐き気がするほどひどい頭痛に悩まされているという相談が寄せられました。受診も考えるものの、薬の副作用も心配だという悩みに対し、看護師さんたちのアドバイスとは。

プレママからの質問:「妊娠中の頭痛の原因と改善法は?」

妊娠17週に入ったところなのですが、頭痛が毎日のように起こります。1日寝ていても、頭を冷やしてみても、温めても改善されません。痛すぎて吐き気にも悩まされています。次の健診までには時間がありますが、こういった場合には医師に相談し、お薬を処方していただいたほうがよいのでしょうか。それとも、副作用等を考えて家で安静にしていれば時間が解決してくれるのでしょうか。このような状態が続くのかと思うと不安です。(20代・女性)

ホルモンバランスや貧血、血行不良などが原因かも

妊娠中は頭痛が起こりやすく、原因も様々。ホルモンバランスや姿勢、睡眠不足や貧血、水分不足や運動不足、血行不良や高血圧など、妊娠中には特に、頭痛を引き起こす要因はたくさんあります。

妊娠中は、ホルモンのバランス、お腹が大きくなって姿勢が悪くなること、運動不足やストレス、寝つきが悪くなり、睡眠不足で血行が悪くなること、貧血のため脳へ送られる酸素が不足することなどで頭痛が起こりやすくなります。(産科看護師)
運動不足だったり、水分不足だったりしても頭痛は引き起こされますし、お腹に赤ちゃんを抱えた状態のため脳の血流が低下することでも生じます。もちろん、貧血でも頭痛が生じますし、血圧が高いことも頭痛の原因として考えられます。(内科看護師)

つらいときには医師に相談して薬を使っても

睡眠や血行促進、栄養など、上述の原因を解消させるために日頃できることを心がけてみましょう。また、どうしてもつらいときは無理して我慢するよりも、医師に相談して赤ちゃんに影響のない鎮痛剤を使うとよいようです。

睡眠をしっかりとって、リラックスして過ごすようにしてください。頭ではなく、首筋を温めて血行をよくしてください。家族に肩もみをしてもらって、首や肩のこりをほぐしてください。つらいときは頭痛薬を飲んでもかまいません。1日に1,2回の服用で、短期間であれば赤ちゃんに影響ありませんから、医師に相談してください。(産科看護師)
食事は、鉄分やカルシウムなど、ミネラルを多めに摂るようにしてください。鉄分は吸収されにくいので、ビタミンCや動物性タンパク質を一緒に摂ると、吸収がよくなります。(産科看護師)
スマホなどを操作していると頭痛の原因にもなりますので、注意が必要です。あまり無理せず、つらいようでしたら医師に相談してください。妊娠中でも飲める鎮痛剤等もありますので、我慢できないときはそういった薬に頼ることも必要だと思います。(内科看護師)

妊娠中の頭痛は、ホルモンバランスや姿勢、血行不良や貧血など、様々な原因が考えられます。日常生活の中でこれらの要素を解決するよう心がけるとともに、つらいときには無理せず医師に相談し、赤ちゃんに影響のないように鎮痛剤を使うのもよいでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加